築地住建のブログ『小さな工務店のスタッフのポケット』

1年のお礼

(7か月前) スタッフの日記 コメント(0)

本日みんなで大掃除をし、きれいさっぱり気持ちよ~く28日で仕事納めとなりました。(現場は後1日、29日まで動きます。)

 

年明けは1月7日からの営業です。

 

 

 

築地住建はお客さまに恵まれてお仕事できましたことに、今年1年のいっぱいの感謝と、こころからのお礼を申し上げます。

 

これからも木と建築の力で貢献できる、地元で頼りになる工務店であり続けたいと願っています。

 

 

 

今年も残りわずかとなりました。

 

明ける年も、お客さまのことを思い、お客さまのために何ができるかを想像しベストを尽くしてまいりますので、来年も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

それでは皆さま良いお年をお迎えくださいませ。

 

 

休業中の緊急ご連絡先は、事務所の留守電話でアナウンスしております。048-520-1522築地住建

 

20180730 (39)

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

2019年カレンダーに感謝の気持ち乗せ

(7か月前) スタッフの日記 コメント(0)

 

来年のカレンダー、発送終わりました。

 

 

印刷会社から1月のカレンダーの日にちに誤植があったとかで、年末ぎりぎりに届きましたので、今年は遅くなりましたが急ぎ、みなさまのお手元に届きますよう、発送いたしました。

 

 

もし届かなかったり、カレンダー欲しいから送れ~でもなんでもご連絡ください。喜んでお送りさせていただきます。

 

IMG_3348

 

 

築地住建とご縁のあった大切な方へのおてがみ“つきじレター”と共に、今年1年のみなさまへの感謝の気持ちを、添えました。

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

トップライト ベルックス

(7か月前) IRUMA築54年の大規模リフォーム コメント(0)

 

“IRUMA築54年の大規模リフォーム”、先日お引渡しを終えることができました。

 

 

↓屋根工事ときの様子。

 

20181002_105617

 

 

↓瓦葺きです。メンテ不要、経済性、耐久性、耐火性、断熱性に優れた、昔ながらの魅力的な陶器の平瓦です。

 

20181024_154635 20181024_154659

 

20181024_154512 20181024_154536

 

 

↓屋根の一部に天窓を採用しました。

 

20181029_175052 20181029_101745

 

 

↓完成写真。北面の屋根に天窓です。内部は・・?

 

2018-12-15 13.50.47

 

 

 

↓中廊下があり、この先の右側には、トイレ、洗面所の入り口が配されています。

 

 

中廊下は大きな課題にぶち当たります。光が届かないので暗く、昼間でも照明が必要になり、湿気も溜まることです。

 

 

1216

 

 

↓が、

 

設けた天窓から、空の明るさが十分に届いています。

 

1215 IMG_3246

 

 

開閉は電動タイプ。吹き込みセンサー付きなので、雨が降ると自動で閉まってくれるおりこうさん。タイマー装備、網戸付。

 

天窓はベルックス製です。

 

 

実はべルックスの天窓をもっと拡めたいというベルックスの特別キャンペーンに応募したので、無償で設置していただきました。

 

 

 

 

ベルックスさんからブログで宣伝してねってことだったので、お約束果たします。

 

 

 

 

明るさを得て、楽しく気持ちよく過ごせる、中廊下が豊かな空間になりました。

 

 

 

 

↓キッチンに欄間を設けましたので、夏はここを開ければ熱気が廊下に抜け天窓へと排気してくれます。

 

IMG_3244

 

 

天窓の大きさも、当初ちょっと大きすぎるかなぁと思っていましたが、ちょうど良いサイズでした。

 

 

日本ベルックス株式会社のAさん、ベルックスっていっぱい書いた。天窓の良さ、少しでも伝わってるでしょかね。(^_-)-☆

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

完成写真

(7か月前) Otaの家 コメント(0)

 

引き続き“Otaの家”です。

 

ならではの楽しい仕掛けが随所にあります。

 

 

↓1Fトイレ 

 

2018-11-22 13.55.48 

 

 

↓2Fトイレは一面チューリップ畑になっとります。

 

2018-11-22 14.27.50

 

 

↓玄関土間収納入口脇の壁にキーBOX

 

2018-11-22 14.03.03

 

 

↓土間収納内部はたっぷりな棚と

 

2018-11-22 14.12.12

 

 

↓反対側の壁にはコートハンガーパイプを渡し

 

2018-11-22 14.39.07 

 

 

↓他にもパイプ。

傘を掛けたり、S字フックを使ってなんでもぶら下げ収納ができそうです。

無粋なパイプも、受け材の木を大工の手で造る部材が入ると優しい表情が生まれます。

 

2018-11-22 14.39.22

コンパクトでも収納や機能性が揃っている土間収納です。

 

 

 

↓広めな洗面脱衣室は、清潔そうな真っ白の棚。

 

タオルや衣類を収納するのに十分。

大きな窓は通期もよく明るい。

洗面・脱衣室に必要な要素が抑えられています。

 

2018-11-22 14.21.45 2018-11-22 13.54.34

 

 

↓造作した飾り棚に、カウンター、下にも棚で2層。

 

リビングに続く和室。赤ちゃんをねんねさせながら、畳でゴロ寝もできそう。

 

2018-11-22 13.51.16 2018-11-22 13.50.19

 

 

2018-11-22 13.58.00 2018-11-22 13.59.05

 

 

↓2F、5.6帖のフリースペース。梁にハンモックを吊り下げるのですが、ハンモックを吊るす金具を見つけることが、築地住建の目下の宿題になっています。お引渡しまでに間に合わなかった・・。

 

南のバルコニー側に室内物干しを仕込んでいます。

 

2018-11-22 14.33.28

 

 

↓子供部屋。将来仕切って2部屋になるよう、扉が2箇所。仕切りが必要になるまでは広々使えます。

 

2Fは全てサッシ、建具、クロスを白。これから家具や小物の色物がプラスされると、どんなに映えることでしょう。

 

2018-11-22 14.51.41

 

 

お施主さまはお引越しがお済みなったそうで、外では、外構工事作業中。まだ工事は進んでいます。

 

 

「アパートは寒かったので、今年の冬はあたたかく過ごせるのでうれしいです。」という奥様でした。

 

 

ひとつとして同じ敷地はないし、ひとつとして同じ住まいはありません。家族の分だけ住まいがあり、いろんな家族の背景にいて家守りをしていきます。

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

お引渡し

(8か月前) Otaの家 コメント(0)

 

 

 

Y様邸“otaの家”お引渡しでした。

 

 

お二人で本キーを挿していただきます。

 

 

IMG_3120

 

 

笑顔に打たれます。この笑顔がわたしたちの活力です。

 

 

 

 

お打ち合わせからのお二人の会話は楽しくテンポよくノリよくで、Y様ワールドにこちらが楽しませてもらっていました。

 

 

 

来年はもう一人増えます。ベビー誕生ですね。完成したばかりの家も家族を迎えられることを喜んでいます。

 

 

 

↓では本番「じゃあ開けるね~。」「は~い。」ガチャッ、の瞬間

 

IMG_3123

 

 

↓「じゃぁ、下の鍵穴は〇〇(奥様のお名前)さんどうぞ。」(ご主人)

 

IMG_3126

 

 

これで今まで使っていた工事用キーは使用できなくなります。

 

 

お施主さまと施工者のターニングポイント、記念日となった日でした。

 

 

 

 

 

↓外観は木の家だぞ!ということを、軒天に張った木や母屋現しで控え目に主張しています。

 

2018-11-22 15.12.33 2018-11-22 14.44.59

 

2018-11-22 14.41.50

 

 

↓玄関を入り、リビングと和室

 

2018-11-22 14.14.54 2018-11-22 13.51.16

 

 

↓タイル貼りがス・テ・キポイントのキッチン

 

2018-11-22 13.52.27 

 

 

つ・づ・く・・・

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

桑原さん再度埼玉新聞の取材受ける

(8か月前) 福島県浪江町から来ました「がんばってんねんクワバラさん」 コメント(0)

 

↓今から4年前でしょうか、桑原さんのことが記事になって埼玉新聞に大きく掲載されました。

 

IMG_3710 20140423103304_00001

 

 

 

そのとき取材された橋本記者さんから、来年お正月特別号に再度桑原さんの記事を掲載したいとの申し出がありました。

 

 

多くの被災者の方を震災当時から取材されているようです。

 

埼玉県内に暮らしの拠点を移し、地にしっかり足を付けて、何事も前向きに捉え暮らしている桑原さんのことが、紹介されるそうです。

 

 

今年結婚したことを既にご存知だった最初の質問が、ご結婚されて変化したことはありますか?、でした。

 

 

IMG_3066

 

家に帰ると妻がいることの幸せや、何でも相談できるこころ強さやこころの安寧、仕事への意欲が増したこと等の心情を語ってました。

 

その他、避難した当時の状況や将来の夢や希望について、小一時間あまり・・。

 

 

 

希望に満ちた、新しい1年の始まりを飾るにふさわしい内容になることと思います。

記事が目に留まった、誰かの元気の元になればいいなと願います。

 

 

 

桑原さんすごいね!

橋本記者さん、是非にまた数年後の桑原さんを取材しに来てくださいね!

 

 

 

 

※ボツになることなく、必ず掲載されると聞いてます。お正月です。埼玉新聞です。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

古民家リフォーム済 【売家】

(8か月前) <不動産>売地・売り家・賃貸情報 コメント(0)

 

伝統的な日本家屋を、リノベーションしたお宅が、新しい住人を探しています。

 

 

↓広大敷地面積475.5坪に、母屋51.7坪+離れ25坪が付いているという大型物件です。とにかく広い、広い!

 

 

IMG_2885

 

 

 

↓玄関を入ると吹き抜けになっており、黒光りする梁がお出迎えしてくれるという、魅力的なお宅です。

 

 

2018-09-20 14.18.27

 

【物件概要】

物件種目:中古戸建

価格:2,580万円

所在地:熊谷市西城

交通:JR高崎線「熊谷駅」6.8㎞

間取り:5LDK+広縁+3帖板の間 2階建82.81㎡の離れ付

土地面積:1,572㎡(475.5坪)

建物:母屋/木造瓦葺2階建 172.13㎡ 離れ/木造2階建82.8㎡

地目:宅地

権利:所有権

都市計画:市街化調整区域

築年月日:不明 母屋はH20年に大規模リフォーム済(住友不動産施工)

現況:空家

その他:都市計画法第34条11号区域

    付属の建物及び植木伐採、庭石撤去後引渡しします。

取引態様:媒介

20181016135024_00001

 

PDFはこちらです⇒ uriya

 

 

カフェ、また事務所への利用も・・。ノスタルジーに浸れる空間を楽しめます。

 

 

お問い合わせや内見ご希望の方は、築地住建 TEL048-520-1522 までご連絡くださいませ。

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

番付

(8か月前) IRUMA築54年の大規模リフォーム コメント(0)

 

 

 

“IRUMAの築54年の大規模リフォーム”進行中です。

 

 

時計の針を戻して、作業場で手刻み加工をしていたときの様子です。

 

 

新築はコンピューターによるプレカットが主流なのですが、リフォームは手刻みでやっています。

 

 

昨今、手刻みができる職人さんが非常に少なくなっているようです。

 

 

 

 

 

▼手刻みの技術が死滅しかかっているみたいですが、築地住建ではいつも見る光景です。

 

 

加工が始まると、辺りに木の香りが漂い、窓を開けている季節だと隣の事務所まで香りが入ってきて、かぐわしく森林浴しながら仕事しています。えっ?それはさぞ仕事がはかどるでしょう、ですか?・・(^^;

 

 

 

20180725_191522 20180725_191512

 

 

▼リビングに建つ丸太柱。大物の加工です。

 

20180908_095328 20180908_125234

20180908_125242

 

 

 

 

▼“番付”です。

ん?大相撲?、ではないです。

建築業界の番付です。

 

縦の列には、いろはにほへと・・・、横の列には、134556・・・が記されていて、縦列と横列が交わるところの部材が、“いの3”とか“はの6”とかいうふうに、部材に名前が記されいきます。

 

番付

 

 

そして現場では、記された番号通りに組み上げられていきます。

 

 

 

20180914_103744 20180911_123325

 

20180914_133043 20180917_174735

 

 

築地棟梁の手刻み技術や、施工の要求水準は高いです。

 

 

でも棟梁は若い人たちには、急がなくていいから、ゆっくり丁寧に正確にをいつも言っているようです。

 

 

人の目に付かないところや、気づかれないところ程、仕事を大切にしています。

 

 

小さな工務店は、職人の手技で造る家、木の香りがする家です。

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

街なかゼミナール『木工教室』2日目

(9か月前) イベント コメント(0)

 

木工教室、今年度の開催最終日です。

 

街なかゼミナールに参加し、木工教室を開催してから8年目になります。多くの方に出会えました。大工たちが丁寧にお教えしていますので、全くの初心者さんも安心してご参加いただいております。

 

 

男性、女性、幅広い年代の参加者さんたちです。

 

 

 

釘打ちやのこぎりなど、手作業で行います。

 

2018-10-20 09.20.51 2018-10-20 10.21.05

2018-10-20 10.22.11 2018-10-20 09.31.51

2018-10-20 09.04.36

 

 

 

苦労したところもあるけれど、作品を完成させた達成感のみなさんのドヤ顔をご紹介。

 

 

 

▼先生(大工)に見守られながらもくもくと作業を進めておられたOさん。

 

2018-10-20 10.51.19

 

 

▼最後まで、真剣にがんばってくださったKさん。晴れ晴れしい素敵な笑顔を見せてくれました。

 

2018-10-20 11.12.29

 

 

▼丁寧で落ち着いた作業っぷりのFさん。木はいいねとおっしゃってくださいます。

 

2018-10-20 10.31.02

 

 

 

▼何回か参加してくださっているMさん。女性ながら手際がとても良く完成度も高くてすばらしいのです。

お話を伺えば、築地住建の木工教室に参加したのがきっかけとなり、その後家でもやっていらっしゃるそうです。さすが手馴れていらっしゃいました。ベテランさんの風格です。勝手に木工女王と認定させていただきます。

 

2018-10-20 10.18.21

 

 

 

▼一級建築士の資格をお持ちだったSさん。のこぎりを使ったのは数十年ぶりだそうです。お話、とてもお上手でした。

 

2018-10-20 10.49.54

 

 

▼最初の練習でのこぎりや釘打をちした際「おぉ~上手いねぇ」と参加者さんから声があがってました。Iさんはものつくり大学の1年生。今は家具を造っているのだとか。人懐っこい笑顔のIさんでした。

 

 

2018-10-20 10.24.17

 

 

▼Aさん、そ、そんなに高く掲げてくださって・・。

築地住建の木工教室に行ってみたい、みてみたいという申し入れで、飛び入り参加のAさん。

おつかれさまのティータイムでは、自らの正体を証して皆さんにご挨拶していました。

 

 2018-10-20 10.44.58

 

 

自分で造るって楽しいねと、木工に親しんでいただけましたら幸いです。

 

 

たくさんの笑顔に出会えましたこと、感謝いたします。

 

 

また、来年も続けます。

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

街なかゼミナール『木工教室』第1日目

(9か月前) イベント コメント(0)

 

 

熊谷市内で開催しています、街なかゼミナール。築地住建は恒例『木工教室』の講座を開設しています。

 

 

↓のこぎりの引き方と、釘の打ち方のレクチャーから始まります。

 

2018-10-13 09.07.35

 

 

↓その後、お一人ずつ練習してみます。

 

ワンポイントアドバイスもあったりして、本番前のウオーミングアップです。

 

 

 

目の前で大工さんは至極簡単にやってのけてますが、これがいざやってみると思うようにいきません。

 

プロの手捌き、これはもう芸術か?とか思えます。

 

 

「上手くできなくて当然ですからね。“釘打ち3年”って言われていて、大工でも3年かかりますからね。ここですぐできちゃったらスカウトしますよ(笑)」by築地

 

 

 

 

2018-10-13 09.09.26 2018-10-13 09.19.47

 

2018-10-13 09.25.34

 

 

↓作業に入ります。

 

 

2018-10-13 09.27.36 2018-10-13 09.51.47

2018-10-13 09.53.07 2018-10-13 09.52.39

 

 

慣れない作業の釘打ちやのこぎりを引くのに格闘し、大工たちが忙しくみなさんのサポートして廻っているなか

 

 

 

 

↓奥で一服している人。

 

 

めっかっちゃった・・。

 

2018-10-13 10.00.58

 

 

 

↓「あんっ、釘が曲がっちゃった」「やだぁ~のこぎりが真っ直ぐ引けなくって傷付けちゃった」大工たちはその都度ノープレブラムと言いわんばかりに、頼もしくリカバリーしてくれます。

 

 

そして完成。決めのポーズで、みなさんそれぞれの“あると便利なBOX”です。見事な出来栄えです。

 

赤松と桐を使いました。気に入ってたくさん使ってくださればうれしいです。

 

2018-10-13 11.03.24 2018-10-13 10.55.38

2018-10-13 10.55.18 2018-10-13 10.54.39

2018-10-13 10.47.51 2018-10-13 10.46.03

2018-10-13 10.44.57

 

おつかれさまのテイータイムで、参加者さんたちおしゃべり。

 

みなさん、楽しかったですとおっしゃっていただき、お開きとなりました。

 

 

 

来週土曜日は、築地住建平成最後の木工教室です。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

築地住建

資料請求

PAGE TOP