築地住建のブログ『小さな工務店のスタッフのポケット』

今年1年ありがとうございました。

(8年前) スタッフの日記 コメント(0)

元社員大工の関根さんが、先日事務所に来てこんなことをを言ってくれました。

「築地さんちのお客さんはほんと、み~んないい人ばっかりですよね~。」

この1年も温かなお客様に恵まれて、たいへん幸せものの私たちであること皆様に深く感謝しています。

ひとつひとつの仕事を大切に実直に積み重ねてまいり、廻りの状況に左右されないよう、しっかりお客さまの方を向いている築地住建でありたいと思います。

来年も精進してまいりますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

感謝


お休みは、12月29日~1月6日になります。

お休み期間中、事務所にいただいたお電話は転送にて直接社長の携帯につながります。

太田の現場は29日まで仕事していますし、社長もギリギリまで現地調査、打合せ等で動いています。

良いお年を!

0913_09


  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

防水工事

(8年前) 極太大黒柱と大きな吹抜けリビングの家 コメント(0)

屋根瓦葺き工事とバルコニー防水工事が行われています。

↓屋根の南側と北側に取り付けられた、“雪止め”越しに仰ぎ見る青空がまぶしい。

2010 12 27_0464

↓今日から始まった、バルコニーのFRP防水工事

まずは隅に面木(ピンクの)を取り付け、施工性を高めるためサンダーで角をま~るく削って下地調整から。

2010 12 27_0460

↓排水口と、排水口が詰まった事を想定しての排水手段、オ―バ―フロー管設置状況。

2010 12 27_0461 2010 12 27_0462

明日は10時から構造検査です。

検査員さん明日の検査忘れてた?・・・時間の件でお電話したらモゴモゴ歯切れ悪かったな(笑)

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

サッシ取付・バルコニー下地

(8年前) 極太大黒柱と大きな吹抜けリビングの家 コメント(0)

日曜日の今日も1日現場は動いていました。

↓玄関・バルコニー残しで、全てにサッシが入りました。

2010 12 26_0452 2010 12 25_0439

↓バルコニー内側。

金物取付箇所の断熱材欠損部分にも隙間なくウレタンフォームを充填。黄緑色のモコモコしちゃってます。

2010 12 23_0437 2010 12 23_0437

↓そして南側2ヶ所のバルコニー共、下地施工状況です。明日よりFRP防水施工が始まります。

バルコニーは漏水によるトラブルが非常に多いので、重要な工程です。

2010 12 26_0446 2010 12 26_0447

↓外部は構造検査が終わらないといじれないということで、2階寝室、天井の野縁組作業をしています。

2010 12 26_0443

作業は円滑に進んでいます。

今年もあと数日、ベストを尽くすのみです!(^^)!

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

瓦葺き工事

(8年前) 極太大黒柱と大きな吹抜けリビングの家 コメント(0)

家の顔とも言え頭を飾って建物を印象付ける屋根。

瓦葺き工事が始まってます。

2010 12 23_0428

↓土から生まれた自然素材の三州陶器瓦は、三角形の模様が印象的な平瓦です。

陶器瓦は、塗り替えや葺き替えのメンテナンスが必要なスレート瓦に比べて、長いスパンを考えるととてもお得になります。

2010 12 23_0433 2010 12 23_0434

2010 12 23_0435

この日随分暗くなってから、板金やさんが捨て谷を取り付けに現場に来てくれていたようです。


街場の小さな工務店に、“クリスマス”はなんとも似つかわしくないものですが^^;

皆さまのこころに、サンタさんからの幸せのプレゼントが届きますように

メリークリスマス


  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

構造金物取付他

(8年前) 極太大黒柱と大きな吹抜けリビングの家 コメント(0)

平日お仕事のお施主さまへのご報告にでもなればと、現場ブログが主になります。

えっ?今日は旗日?・・・うっかりしてました。。。

↓軒下の隙間の断熱材施工状況及び、ひねり金物(文字通り平たいプレートをぐにゅっとひねったような金物)施工状況

2010 12 21_0391

↓西側バルコニーの下地施工中。

階下は和室、発砲ポリスチレンフォーム75㎜の断熱材敷き込まれています。

2010 12 22_0419

↓リビングの吹抜け斜天井の断熱材はネオマフォーム66㎜

2010 12 22_0421

↓柱と横架材や、横架材同士の接合部に構造金物類を取付けています。

2010 12 22_0422

躯体工事と並行して、屋根瓦葺き工事が始まり、サッシ取付、構造検査を受けて、防水工事へ。

<番外編>

ここにきて『排水管から臭いが出てきた』『水漏れ』『雨漏り補修』『クロス張り替え』等小工事のご相談をお受けしており、ご希望どおりに早くして差し上げたいのですが、年末押し詰まってきての職人さんの手配に、社長たいへん苦心しておるようです。ご理解くださいましたら幸いでございます。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

どのおうちがいい?

(8年前) スタッフの日記 コメント(0)

2010 12 22_0405

↓何枚がある施工パネルの中で、僕のお気に入りは「子育て世代の木の家」みたいです。

このパネルの前から離れず、じ~と見つめては時折写真を指さしするしぐさがかわいいです。

2010 12 22_0406

だって、ぼくんちだもん♪

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

屋根下地完了

(8年前) 極太大黒柱と大きな吹抜けリビングの家 コメント(0)

古来からのしきたりに則り、災害が起こらないよう、永らく栄えるようお護りくださいねとお祈りを捧げた上棟祭だったのは土曜日ですが

あくる日の日曜日も、現場は休まず動いています。

↓屋根の垂木を掛け

2010 12 21_0397

↓屋根の野地板(屋根の下地材)を張ってその上にルーフィングを敷いて、瓦桟棒の打ち付け終了しました。

これで雨から木材を守ることができるので一安心です。

2010 12 21_0395 2010 12 21_0394

↓ルーフィングの壁側へのの立ち上り施工状況

2010 12 21_0389 2010 12 21_0390

2010 12 21_0393

↓間違い探し(この画像の中) ・・・(-_-)ジィー ワカラン

2010 12 18_0339

建て方作業中の3時休みのとき、何やら皆でプレカットの間違いを見つけて笑ってました。

プレカットでもCAD入力を人がやるので、たまには小さなミスだってあります。どんまい (o・_・)ノ”(ノ_<。)

全くのノ―プロブレム、笑ってすませる範囲のようです。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

上棟

(8年前) 極太大黒柱と大きな吹抜けリビングの家 コメント(0)

棟が上りました。

木の命がこうやって建て物に活かされます。

2010 12 18_0307 2010 12 18_0308

2010 12 18_0320 2010 12 18_0342

↓棟が上がると、建て物全体が見えるまで遠くに下がって、いろんな角度から確認をしている社長の小さな姿がありました。

2010 12 18_0330

↓陽が西に傾きかけたころ、上棟祭の準備にかかります。

2010 12 18_0354

ご家族の皆さんたちが集まって見守る中、上棟祭です。

↓寒い中おばあちゃんも。

骨組が立ち上がった家の前で「大工さん、お世話になりますよろしくお願いしますね。」と皆に挨拶されていました。

2010 12 18_0361

上棟は工事の中で大きなけじめともなります。

↓施主様と

2010 12 18_0376

末長い幸せと繁栄を心より祈念いたします。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

建て方

(8年前) 極太大黒柱と大きな吹抜けリビングの家 コメント(0)

木組みの架構が少しずつ姿を見せ始めます。

2010 12 17_0212

↓中でもひときわ目を引くのが、杉丸太の大黒柱

2010 12 17_0198 2010 12 17_0222

↓太くて大きな梁や柱の架構はかなりの迫力で、木の造形が力強くて美しいです。

2010 12 17_0276 2010 12 17_0238

↓2階の大引が敷き込まれ、その上に合板が敷き込まれます。

2010 12 17_0225

↓続いて2階の柱が立ち始めましたが、固い仕口は2人掛かりで。。。

2010 12 17_0257

梁や大引の上を、重い柱をかついでひょいひょい歩いて作業する皆の身軽さには、いつもながら驚かされます。

明日も建て方工事が進行していき、屋根の一番高いところにに棟木が乗る上棟です。

↓施主様の背が語っているようです・・・感慨

2010 12 17_0282

家を造るのは、精神的にも経済的にも苦労を伴いますので、形に現れてくるときのお喜びはとても大きなものだと思います。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

土台敷き~1階の柱立て

(8年前) 極太大黒柱と大きな吹抜けリビングの家 コメント(0)

↓建て物の足腰となる土台は、樹齢1000年以上もの目詰まりのよいヒバ材を据え付け終わり

大引(98㎝角)を45㎝ピッチで敷き込み

(基礎のところどころに敷いてある黒い袋の中身は、竹炭が入っています。右の画像を大きくすると見えますよ。)

2010 12 16_0182 2010 12 16_0184

↓その間に、断熱材75㎜を隙間なくぴったりに敷き込むと、土台や大引と高さがきれいに揃いました。

2010 12 16_0187

↓1階の柱が立ち並び\(^_^)/ワ~イ、 次に壁パネルを立てる準備をしています。

2010 12 16_0191

明日2度目の、トラック3台分の構造材が搬入されます。

1回目の荷降ろし時は少し雨が降っていましたので、材料を汚さないようにと神経を使うことが多かったようですが、明日は大丈夫そうです。

レッカー車も来て、多勢の人達が現場で作業をする明日、明後日は、工事の過程の中で最も見ごたえのある華やか建て方です!o(^-^)o ワクワクッ

丸太の大黒柱も登場します。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

築地住建

資料請求

PAGE TOP