message

 

fumio-tsukiji

わたしは大工一筋の人間です。

​偏った考えなのかもしれませんが「“ほんとう”の家」とは、構造部分に集成材を避け、良い無垢材を使用し、年数の経過とともに味わいの増す自然素材でつくる、“100年暮らせる家”であり、ほんとうの家をつくるには、それに見合った目を持つ必要があります。それは、本物の木を知っていること、そして適切な技術と知識をもっていることだと思います。

日本人は古来から木を使ってきました。木は自然界で生まれた素材なので、環境という面から見ても最適な材料であり、伐採と植林のバランスを保つ限り循環可能な資源です。建築に使う木は風土に合った地元で育ったものがベストですが、なによりも大切なのは、しっかりと乾燥させていること。たとえ銘木と言われる種類の木だとしても、これを怠ったモノは建築には使えません。

毎日のように流れる、虐待や殺人などの心が凍るようなニュースを見ていると、“ほんとうの家”が減少しているのと反比例して増加しているように感じます。だから、これからは本物の住宅をつくっていかなければいけないのです。いつも穏やかでのびのびできて心落ち着ける、家というのはそんな空間であり、そうであるべきだと思います。

木の生命を活かし、木を適材適所に使い、高い技術と知恵で、住む人が永く心地よさを持続できる家づくりをすることが、わたしたちの使命だと思っています。

 

 

家づくりに携わる職人たちに伝えていること

家はたくさんの手によってつくられます。

工事だけでも、基礎、大工、塗装、左官、屋根、電気、内装、設備など、多岐にわたっていて、誰かがいい加減な仕事をすると、家全体の仕上がりに影響が出てしまいます。

わたしは会社の代表者という立場の前に“大工”ですから、一緒に働く職人には『もし自分の家をつくるときは、プロとして、誰に見られても恥ずかしくない仕事をするはず。ましてお客様にとっては一生に一度の家なのだから、自分の家をつくる気持ちで恥ずかしくない仕事をしよう。』と伝えてきました。

ただ単に“仕事”として作業的に家づくりをするのでなく、気持ちの入った仕事をすることで多くの人が喜んでくれたり、技術が身につき、結果的に自分の糧になるんだと思います。

昔と違い家づくりも多くの場面で機械化は進みましたが、つくるのは人ですから、やっぱり「気持ちを入れること」は大切なのかな、と思います。

築地住建

資料請求

PAGE TOP