築地住建のブログ『小さな工務店のスタッフのポケット』

台風一過で

(1か月前) リフォーム コメント(0)

 

台風19号の被害が、日を追って少しずつ明らかになってくるに連れ、被害状況に胸が痛みます。

 

 

 

 

 

↓こちらは台風接近前日のこと、雨漏り補修作業を行ったお宅です。

 

 

 

IMG_4466 

 

 

 

↓窓廻りのブルーの箇所は、これからコーキング打ち前の、養生テープ貼り。

 

 

雨漏りは屋根からと思ってしまいがちですが、サッシ廻りや外壁の取り合いの部分からの浸水のケースの方が屋根からより多いようです。

 

IMG_4408

 

 

 

↓どうしても落ち葉やごみや土が溜まりやすい、雨樋や捨て谷の排水経路。

 

落ち葉や土で詰まってふさがれてしまうと、そこから水があふれて敷地内が冠水してしまいますので、除去・清掃します。

 

 

 

IMG_4441IMG_4428

 

 

↓外壁の釘打ち連続をいっぱい。穴が開いている箇所はコーキング打ち。

 

IMG_4446

 

 

 

↓屋根の上の足(撮影者桑原さんの)。ここまで下がってきて撮影するのって、怖いよぉ。

 

IMG_4452

 

 

台風接近のニュースで他の現場仕事の合間を縫って急遽駆け付け、ギリで作業が終了して間に合い、ほっとしたのもつかの間

 

 

 

連休明けの火曜日から、台風の影響による雨漏りやトタンが外れた等の修理依頼や、調査依頼が、続いています。

 

 

 

 

今回の被害で、たくさんの教訓を学びました。

 

 

敷地選びの際はハザードマップで調べることも参考になりますが、川や海からの近さとか、崖地・傾斜地・低地、たけではなく、道路より敷地が低くなっていないか、隣地の敷地より低くないか、過去の浸水履歴とかも重要だなぁと改めて思いました。

 

 

 

なめたらあかん、大自然の驚異。

 

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

試合開始

(1か月前) リフォーム コメント(0)

 

ラグビーワールドカップ熊谷会場の近く、熊谷ラグビー場より北へ2キロ程に位置する、K様邸です。

 

 

築60年、昔ながらの日本家屋の風情のあるお宅です。

 

 

 

 IMG_4397

 

 

わずか2キロしか離れていない熊谷ラグビー場では、試合の日はエキサイティングし大いに盛り上がりますが、こちらは地味に目立たず静かに、また1軒、リフォーム工事の始まりです。

 

 

ラグビー同様、体を張って解体作業に入ります。

 

 

↓before

 

IMG_4188 IMG_4186

 

IMG_4202 IMG_4191

 

IMG_4379 IMG_4203

 

 

冬の寒さがお悩みのひとつでしたが、断熱改修、耐震性能を高める大規模リフォームで、快適に健康にお暮らしていただけるよう計画しました。

 

 

 

 

 

試合作業開始!の笛が鳴った気がします。

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

キックオフ

(2か月前) リフォーム コメント(0)

 

ラグビーワールドカップ、試合の舞台として盛り上がっている熊谷市の、K様邸のリフォーム工事がキックオフです。

 

 

IMG_4121 IMG_4131

IMG_4127

 

 

 

どちらに転ぶかわからないラグビーボールの不確実性に似て、リフォームでは、予測できないことが現れてくることがあります。

 

 

そんなときはこれまで積み上げてきた練習と経験 現場経験と実績を活かし瞬時に判断、戦術を組み立て直し、ボールを前へ前へ巧みなパスワークを、作業を進めていきます。

 

 

作業は解体が終わると、床はクリの板(クリはなかなか手に入りにくく、ちょっとめずらい)を張っていきます。

 

 

 

床を張り終わると築地住建名物“鬼の養生”という鉄壁のディフェンスを施し、工事終盤まで、敵から新しい床を守り抜きます。

 

 

 

にわかラグビーファンです・笑

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

壁紙なのに磁石がくっつくぅ~

(3か月前) リフォーム コメント(0)

 

 

6月から工事に入っており、順調に進んでいた熊谷市N様邸のリフォーム工事は、

 

before↓

IMG_3963 IMG_3966

 

IMG_3971

 

 

 

お盆休み前に完工できました。

 

↓after

 

IMG_4089 IMG_4094

IMG_4103

 

 

 

↓リフォーム後の天井と壁は珪藻土クロス張りなのですが、

 

ここだけビニールクロスを張った壁面には

 

・・・・・・チョット仕掛けがあります。

 

IMG_4082

 

 

奥さまの「マグネットが使いたい」のご要望にお応えしました。

 

 

壁紙の下に、シンコールのマグマジックを仕込みましたので、壁紙なのにマグネットを自在に使えます。これ便利です。

 

 

 

忘れちゃいけない大事な書類の掲示物はもちろん、なんでもここにくっつけちゃおう!

 

 

リモコン・テッシュ・鍵・・・・、なんだってくっつけてしまいたくなる。

 

 

 

↓シンコール マグマジックのカタログより

 

magic-point-4 magic-point-3

magic-point-2

 

 

 

隅と隅は必ずきれいにくっついてないと気がすまない、築地住建でした。

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

ふたたび

(4か月前) リフォーム コメント(0)

 

鴻巣市で始まっている、K様邸リフォーム工事です。

 

IMG_4055 IMG_4059

 

IMG_4062 IMG_4063

 

 

 

 

 

またしても、課題にぶち当たりました。

 

以前、床のレベルが30㎜違っていたリフォームの話を書きましたが、今回は高低差50㎜です。

 

 

うろたえません。たぶんね・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

↓フレームインしてきた、超照れ屋でプロフェッシェナルな左官やさん。

 

IMG_4050

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

工事秘話

(4か月前) リフォーム コメント(0)

 

 

熊谷市K様邸の3世代同居リフォーム、鬼の養生を撤去しました。

 

IMG_4044 IMG_4038

 

IMG_4043 IMG_4031

 

IMG_4026 IMG_4033

 

IMG_4032 IMG_4047

 

IMG_4042

 

 

隅々まできれいに仕上がりましたが、その裏には、工事中のひと苦労、ふた苦労した秘話があります。

 

 

 

畳を撤去後、床のレベルが北と南で30㎜違っていたことが判明。

 

現調時は畳が敷いてあったのでわからなかったとのことで、お客さまも「なんか変?」程度でお気づきではなかったそうです。

 

フローリングと違って畳敷は、床のレベルの違いがわかりづらいです。

 

 

 

床は平らに、柱は真っ直ぐにが基本!!

 

これが今回の工事の最大のポイントでした。

 

仕上げの赤松ムクの床板を張る前、床を平らにするための下地調整作業は、根気と手間のかかる作業でしょうが、現場は平然とやってのけます。

 

 

 

 

中でも最も楽しい(笑)作業の想い出は、既存サッシの内側に新しく内窓サッシを取付るときです。

 

 

外部が歪んでいるので、そのまま内窓を取付けると、隙間が生まれます。

 

 

そこで、細かく採寸して三角形に部材を加工し、窓の四方全てに三角加工部材を取付て内窓を入れたことが、最大の苦労楽しさだったそうです。

 

 

 

 

 

手間と時間を割いた苦労話も笑って話せるのは、お施主さまが喜んでくださる様子を目の前にするときが、ものづくり人の至福の瞬間ですので、こんなの全然たいしたことないない、と思えてくるのかもしれません。

 

 

 

 

K様ありがとうございます。残工事、もすこしあります。

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

3世代同居リフォーム

(5か月前) リフォーム コメント(0)

 

 

Kさま邸リフォーム工事、既に5月より着工しており、今月末には完工、お引渡しになります。

 

 

 

↓before

 

IMG_3934 20190524_081813

20190524_081413 20190524_081600

20190524_081406 20190524_081345

20190524_081532 20190524_081720

20190524_081508

 

 

 

 

1階にご両親がお住まいになっている実家に、息子さんご家族が同居のための、2階を全面リフォームです。

 

 

 

↓完成イメージ

 

清川様_内観パース

 

3世代同居リフォームです。

 

 

まだ小さなお孫さんのかわいい成長が身近で見られるおじいちゃん、おばあちゃんと、共働きで忙しいパパ・ママとしては、何かのときにお子さんをお願いできて安心です。

 

3世代同居は市の補助金が利用でき、施工業者が市内業者の場合は補助金額割り増しあります。ここ、お客さまに貢献できました。

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

外部男前、内部乙女

(9か月前) IRUMA築54年の大規模リフォーム コメント(0)

 

 

ベルックスの電動天窓がある“IRUMA築54年の大規模リフォーム”です。

 

 

既に昨年末のお引渡しでしたが、紹介しきれずの箇所がいっぱいで・・。

 

 

IMG_3242

 

 

↓外観カラーはブラックでシックに、男前。

 

IMG_3271 IMG_3275

 

 

↓内部、キッチン・浴室・洗面は乙女を思わせるようなカラー

 

2018-12-15 12.53.20 2018-12-15 13.20.15

2018-12-15 13.18.12

 

 

↓アクセントウォールも

 

IMG_3183 2018-12-15 13.15.19

 

 

全ての色決め担当はご主人でした。

 

 

 

 

ここは〇〇を収納したい、ここにコートを掛けたいなどの細かなご要望、お応えしてます。

 

 

 

 

↓『仏壇下は引き出しがほしい』が課題だった、仏間です。

 

IMG_3253

 

 

出来ません、というのが苦手な(笑)築地住建です。

 

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

どらえもんベッド

(10か月前) IRUMA築54年の大規模リフォーム コメント(0)

 

“IRUMA築54年の大規模リフォーム”、完成直後の昨年12月に撮影したものです。

 

構造から大きく見直す大規模リフォーム、これはリフォームとは思えない新築同様の仕上がりです。リビングのあらわしの梁だけが、54年前のものです。

 

2018-12-15 13.10.36 2018-12-15 12.58.13

 

 

↓玄関屋根の軒、きれいな木目に迎えられ

 

IMG_3266

 

 

↓広さを大きくとった玄関及び玄関ホール。

 

2018-12-15 13.35.50 2018-12-15 13.40.12

 

 

↓リクエストのひとつでした。

 

どらえもんが寝ている押入ベッドにあこがれというお嬢さんのための造作したベッド。当初下り壁を取付て押入風の予定でしたが、結構オープンに・・。

 

押入ベッドと違っているのは押入程暗くなく明るいこと、当初からベッドとして造り付けたため、押入より広くとり、コンセントや間接照明、棚を設置したことです。

 

 

IMG_3263 2018-12-15 14.00.38

 

 

↓お嬢さんは早速ここに登り、喜んでいただけました。

 

IMG_3261

 

 

新築よりも、多くの技術と工夫、積み上げてきた現場経験が役立つ、大規模住宅再生リフォームでした。

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

トップライト ベルックス

(11か月前) IRUMA築54年の大規模リフォーム コメント(0)

 

“IRUMA築54年の大規模リフォーム”、先日お引渡しを終えることができました。

 

 

↓屋根工事ときの様子。

 

20181002_105617

 

 

↓瓦葺きです。メンテ不要、経済性、耐久性、耐火性、断熱性に優れた、昔ながらの魅力的な陶器の平瓦です。

 

20181024_154635 20181024_154659

 

20181024_154512 20181024_154536

 

 

↓屋根の一部に天窓を採用しました。

 

20181029_175052 20181029_101745

 

 

↓完成写真。北面の屋根に天窓です。内部は・・?

 

2018-12-15 13.50.47

 

 

 

↓中廊下があり、この先の右側には、トイレ、洗面所の入り口が配されています。

 

 

中廊下は大きな課題にぶち当たります。光が届かないので暗く、昼間でも照明が必要になり、湿気も溜まることです。

 

 

1216

 

 

↓が、

 

設けた天窓から、空の明るさが十分に届いています。

 

1215 IMG_3246

 

 

開閉は電動タイプ。吹き込みセンサー付きなので、雨が降ると自動で閉まってくれるおりこうさん。タイマー装備、網戸付。

 

天窓はベルックス製です。

 

 

実はべルックスの天窓をもっと拡めたいというベルックスの特別キャンペーンに応募したので、無償で設置していただきました。

 

 

 

 

ベルックスさんからブログで宣伝してねってことだったので、お約束果たします。

 

 

 

 

明るさを得て、楽しく気持ちよく過ごせる、中廊下が豊かな空間になりました。

 

 

 

 

↓キッチンに欄間を設けましたので、夏はここを開ければ熱気が廊下に抜け天窓へと排気してくれます。

 

IMG_3244

 

 

天窓の大きさも、当初ちょっと大きすぎるかなぁと思っていましたが、ちょうど良いサイズでした。

 

 

日本ベルックス株式会社のAさん、ベルックスっていっぱい書いた。天窓の良さ、少しでも伝わってるでしょかね。(^_-)-☆

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

築地住建

資料請求

PAGE TOP