実は私、元ロボットを作る会社のサラリーマンだったのです。

趣味の時間をやり繰りくりしたくて(レーシングカーレース)、サラリーマンなら自由に休めないから、そうだ職人になろうと決意しました。従兄が畳屋というのもありました。
ここからがマヌケな話です。
3年間日曜日も休み無しになりました。(笑)

築地さんは職人気質な人で、私はこういうタイプの社長さんは好きですよ。
きっと仕事上ではウルサイのだろうなと思います。私は今まで一度も言われたことはないですけどね。
私が仕事をするときに気を付けているのは、自分がよかれと思ってやったこともお客さまに喜んでもらえなければなんにもならないですから、お客さまが求めているものは何なのか、違う切り口からも話を伺って意志疎通を図るようにしていることです。

最近は和室が少なくなっていますが、和紙素材のカラー畳というのが出ています。インテリアとして使用しモダンな部屋になります。い草より耐久性があります。

築地住建

資料請求

PAGE TOP