築地住建のブログ『小さな工務店のスタッフのポケット』

外部男前、内部乙女

(4か月前) IRUMA築54年の大規模リフォーム コメント(0)

 

 

ベルックスの電動天窓がある“IRUMA築54年の大規模リフォーム”です。

 

 

既に昨年末のお引渡しでしたが、紹介しきれずの箇所がいっぱいで・・。

 

 

IMG_3242

 

 

↓外観カラーはブラックでシックに、男前。

 

IMG_3271 IMG_3275

 

 

↓内部、キッチン・浴室・洗面は乙女を思わせるようなカラー

 

2018-12-15 12.53.20 2018-12-15 13.20.15

2018-12-15 13.18.12

 

 

↓アクセントウォールも

 

IMG_3183 2018-12-15 13.15.19

 

 

全ての色決め担当はご主人でした。

 

 

 

 

ここは〇〇を収納したい、ここにコートを掛けたいなどの細かなご要望、お応えしてます。

 

 

 

 

↓『仏壇下は引き出しがほしい』が課題だった、仏間です。

 

IMG_3253

 

 

出来ません、というのが苦手な(笑)築地住建です。

 

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

どらえもんベッド

(5か月前) IRUMA築54年の大規模リフォーム コメント(0)

 

“IRUMA築54年の大規模リフォーム”、完成直後の昨年12月に撮影したものです。

 

構造から大きく見直す大規模リフォーム、これはリフォームとは思えない新築同様の仕上がりです。リビングのあらわしの梁だけが、54年前のものです。

 

2018-12-15 13.10.36 2018-12-15 12.58.13

 

 

↓玄関屋根の軒、きれいな木目に迎えられ

 

IMG_3266

 

 

↓広さを大きくとった玄関及び玄関ホール。

 

2018-12-15 13.35.50 2018-12-15 13.40.12

 

 

↓リクエストのひとつでした。

 

どらえもんが寝ている押入ベッドにあこがれというお嬢さんのための造作したベッド。当初下り壁を取付て押入風の予定でしたが、結構オープンに・・。

 

押入ベッドと違っているのは押入程暗くなく明るいこと、当初からベッドとして造り付けたため、押入より広くとり、コンセントや間接照明、棚を設置したことです。

 

 

IMG_3263 2018-12-15 14.00.38

 

 

↓お嬢さんは早速ここに登り、喜んでいただけました。

 

IMG_3261

 

 

新築よりも、多くの技術と工夫、積み上げてきた現場経験が役立つ、大規模住宅再生リフォームでした。

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

トップライト ベルックス

(7か月前) IRUMA築54年の大規模リフォーム コメント(0)

 

“IRUMA築54年の大規模リフォーム”、先日お引渡しを終えることができました。

 

 

↓屋根工事ときの様子。

 

20181002_105617

 

 

↓瓦葺きです。メンテ不要、経済性、耐久性、耐火性、断熱性に優れた、昔ながらの魅力的な陶器の平瓦です。

 

20181024_154635 20181024_154659

 

20181024_154512 20181024_154536

 

 

↓屋根の一部に天窓を採用しました。

 

20181029_175052 20181029_101745

 

 

↓完成写真。北面の屋根に天窓です。内部は・・?

 

2018-12-15 13.50.47

 

 

 

↓中廊下があり、この先の右側には、トイレ、洗面所の入り口が配されています。

 

 

中廊下は大きな課題にぶち当たります。光が届かないので暗く、昼間でも照明が必要になり、湿気も溜まることです。

 

 

1216

 

 

↓が、

 

設けた天窓から、空の明るさが十分に届いています。

 

1215 IMG_3246

 

 

開閉は電動タイプ。吹き込みセンサー付きなので、雨が降ると自動で閉まってくれるおりこうさん。タイマー装備、網戸付。

 

天窓はベルックス製です。

 

 

実はべルックスの天窓をもっと拡めたいというベルックスの特別キャンペーンに応募したので、無償で設置していただきました。

 

 

 

 

ベルックスさんからブログで宣伝してねってことだったので、お約束果たします。

 

 

 

 

明るさを得て、楽しく気持ちよく過ごせる、中廊下が豊かな空間になりました。

 

 

 

 

↓キッチンに欄間を設けましたので、夏はここを開ければ熱気が廊下に抜け天窓へと排気してくれます。

 

IMG_3244

 

 

天窓の大きさも、当初ちょっと大きすぎるかなぁと思っていましたが、ちょうど良いサイズでした。

 

 

日本ベルックス株式会社のAさん、ベルックスっていっぱい書いた。天窓の良さ、少しでも伝わってるでしょかね。(^_-)-☆

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

番付

(8か月前) IRUMA築54年の大規模リフォーム コメント(0)

 

 

 

“IRUMAの築54年の大規模リフォーム”進行中です。

 

 

時計の針を戻して、作業場で手刻み加工をしていたときの様子です。

 

 

新築はコンピューターによるプレカットが主流なのですが、リフォームは手刻みでやっています。

 

 

昨今、手刻みができる職人さんが非常に少なくなっているようです。

 

 

 

 

 

▼手刻みの技術が死滅しかかっているみたいですが、築地住建ではいつも見る光景です。

 

 

加工が始まると、辺りに木の香りが漂い、窓を開けている季節だと隣の事務所まで香りが入ってきて、かぐわしく森林浴しながら仕事しています。えっ?それはさぞ仕事がはかどるでしょう、ですか?・・(^^;

 

 

 

20180725_191522 20180725_191512

 

 

▼リビングに建つ丸太柱。大物の加工です。

 

20180908_095328 20180908_125234

20180908_125242

 

 

 

 

▼“番付”です。

ん?大相撲?、ではないです。

建築業界の番付です。

 

縦の列には、いろはにほへと・・・、横の列には、134556・・・が記されていて、縦列と横列が交わるところの部材が、“いの3”とか“はの6”とかいうふうに、部材に名前が記されいきます。

 

番付

 

 

そして現場では、記された番号通りに組み上げられていきます。

 

 

 

20180914_103744 20180911_123325

 

20180914_133043 20180917_174735

 

 

築地棟梁の手刻み技術や、施工の要求水準は高いです。

 

 

でも棟梁は若い人たちには、急がなくていいから、ゆっくり丁寧に正確にをいつも言っているようです。

 

 

人の目に付かないところや、気づかれないところ程、仕事を大切にしています。

 

 

小さな工務店は、職人の手技で造る家、木の香りがする家です。

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

難しい架構組み

(10か月前) IRUMA築54年の大規模リフォーム コメント(0)

 

 

構造から大きく見直し、新築同様になる大がかりなリフォーム、住宅再生の現場は“IRUMA築54年の大規模リフォーム”です。

 

 

 

基礎工事が終わり架構組みですが、作業は慎重に慎重に、新築工事とは比べられない程難しく、苦労の連続です。

 

 

 

工業化できないリノベーション工事は豊富な経験と、技能力と応用力があってのこと思います。ここは我々のような工務店の出番です。

 

 

 

IMG_2847 IMG_2851

 

 

 

明るい色のが新材で、濃い色のが旧材です。2色のコントラスト。

 

そこに、赤Tの新婚7ヶ月の幸せオーラを発する桑原さん。いろとりどり。

 

IMG_2863

 

 

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

骨だけに

(11か月前) IRUMA築54年の大規模リフォーム コメント(0)

 

 

 

ほぼ同時に2現場の工事がスタートしています。

 

 

 

↓こちらは入間市の大規模リフォーム”

 

 

築54年の住まいをスケルトンリフォームして、新築のように生まれ変わります。

 

 

ご実家を相続されましたが、お住まいも54歳になると、耐震の面も不安だし、断熱材も入っていないので暑いし寒いし、間取りも使いづらいし、設備も老朽化しているしで、、。

 

 

 

2018-05-25 14.04.27 2018-05-25 14.07.33

2018-05-25 14.14.21 2018-05-25 14.13.00

 

 

 

↓まずは・・

 

 

工事に入る前の、お施主さまによるお片付けがたいへんな作業かと思います。想い出の品、とっておく品・処分する品の仕分けはお施さん、その他のことを築地住建も少しお片付けのお手伝いをさせていただきました。

 

 

IMG_2456 IMG_2458

IMG_2457

 

 

 

 

↓そして手壊しで慎重に解体作業が行われ、3週間かかった解体工事が完了。

 

 

スケルトン

 

IMG_2752

 

 

 

サッパリ。。。

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

築地住建

資料請求

PAGE TOP