築地住建のブログ『小さな工務店のスタッフのポケット』

2軒寄り添う家の大規模リフォーム 完成

(5年前) 2軒寄り添う家の大規模リフォーム コメント(2)

昨晩は、皆さんのお子さんのところにも、サンタクロースがやってきたことでしょうね。

子供さんにとっては楽しくて、うれしくて、1年に1度の最高の日ですね。

各ご家庭で季節のイベントを楽しまれるお家を、造ったり直したりするのを生業としてる私たちはとても幸せなことだと思います。

 

 

さて、5月に着工した“2軒寄り添う家の大規模リフォーム”は、第1期工事として物置新築と内部リフォーム工事が秋に完工し

第2期工事として、2軒の外部塗装を11月から日々粛々と進めておりました。

 

↓今月始めに足場が撤去される、工事のクライマックスです。

2軒仲良くまるで景色が変わったようにきれいになりました。

 

P1000220 P1000221

 

↓右手前に見えるのが、今回新築した物置です。

 

P1000219

 

長期にわたって、日常生活をしながら一方で進められていく日々の工事で、何かとご負担もあったことを想像できますが

お心遣いやご理解にたいへん感謝です。

 

奥さんと職人さんたちが、たくさんおしゃべりが交わされた現場でした。

そして奥さんの期待と希望と疑問に、職人さんたちは根気よく懸命に、答えと結果を出そうとした現場でもありました。

 

 

当初は新築かリフォームかで悩まれておられました。

 

2階建て内部をスケルトンリフォームでしたのと、物置新築と2軒の外部塗装を合わせると、1軒新築するのと同程度の費用になりましたが

新築された当時の気分に返って、気持ちのよい新しい暮らしをスタートしていただければ施工者として、たいへんうれしです。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(2)

大規模リフォーム完成

(5年前) 2軒寄り添う家の大規模リフォーム コメント(0)

“2軒寄り添う家の大規模リフォーム”は照明器具の取付も終わって、鬼の養生を全て撤去しました。

明日クリーニング業者が入って、第1期工事が終了です。

第2期工事として、外部の塗装工事に入ります。

こちらのお宅は大手ハウスメーカーさんで建てられました。

家の中は美しい木肌のムク材でいっぱいになって、ハウスメーカーさんがご覧になったらさぞびっくりされることでしょう。

P1070085 P1070098

P1070086 P1070096

P1070093 P1070095

P1070091 P1070090

その、大改造劇的リフォーム、ビフォー画像をご覧ください。

撮り忘れてるやん・・・・・爆汗

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

玄関屋根新設

(5年前) 2軒寄り添う家の大規模リフォーム コメント(0)

2軒寄り添う家の大規模リフォーム工事現場の外部です。

 ↓以前は軒は出てますが、玄関の屋根がありませんでした。

P1060841

↓柱を建てて玄関屋根を新設しました。

 家構えに風格が現れて、雨対策もでき、玄関ポーチにゆったりと立つことができそうです。

P1060895 P1060896

ここが玄関だよって主張できて、存在感を増した玄関はもどや顔しているみたいです。

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

オリンピックと現場と

(5年前) 2軒寄り添う家の大規模リフォーム コメント(0)

“TOKYO 2020”

オリンピック・パラリンピックの東京開催決定、ほんとうにおめでとうございます。

皆さんのスピーチのすばらしかったこと!

目標に向かいチーム一丸となって、コンサルの力も借り、努力を積んでいくと成果は必ず上げられるんだと、あらためて教えてもらいました。

今日も張りきって、チームTUKIZIの仕事っぷりを『2軒寄り添う家の大規模リフォーム』現場で紹介していきます。

 

↓全ての窓には内窓設置

 P1060878 P1060882 P1060884

↓要所、要所はビシ~ッと納めるナベさんが取り付けた玄関、けやきの式台

左官やさんでも板金やさんでも、デキル職人さんの動きは、ムダがなくって仕事の流れがスムーズで気持ちよいものです。

P1060835 P1060834     

↓赤松の下駄箱設置

P1060888   

↓ムクの扉が取り付け終わると、内部の工事はクロス屋さんへバトンタッチをして、珪藻土クロス張りへと進みます。 

P1060846 P1060849

P1060884 P1060850  

 ↓追加工事の依頼があった浴室は解体も終え断熱材が敷き込まれ、静かにユニットバスの登場を待ちわびます。

P1060852      

工事は終盤です。

東京オリンピックは7年後ですが、住まいはもっともっとロングサイズ的なものの考え方をします。

住まいの寿命を延ばすことは、すごく意味のあることだと思います。

直して直して建ち続けることで値打ちが出てくるものであってほしいです。

 

7年後わたしたち、もっと成長していたいと思います。

       

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

リビングに設けた棚~部屋の表情

(5年前) 2軒寄り添う家の大規模リフォーム コメント(0)

予め作業場で加工していた部材たちが、現場で造作完了した様子です。

↓中央にTVを設置する位置の両サイドに造った飾り棚。

P1060823

 

↓そしてもう1箇所。
 

下部は引戸を設けて隠す収納。

上部は見せる収納の違い棚。
 

ここに照明が仕込んであるので、雰囲気良く部屋のアクセントになります。

P10608251

 

棚のデザインも、わずか数㎜や数㎝の違いを考えるのが、バランスよく、安定した美しさに仕上げるポイントのようです。

 

どんどんと仕上げ工事にかかってくる頃になると、毎回新鮮な感動が湧き出てくるのです。

と、ノンキなこと書いてますが、ここに至るまでが長くてしんどい道のりです。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

明るいキッチンへ

(5年前) 2軒寄り添う家の大規模リフォーム コメント(0)

キッチンの設置が完了した、2軒寄り添う家の大規模リフォーム現場です。

↓ビビットな差し色カラーの明るいグリーンが効いて、キッチンがリフレッシュしました。

P10608212

 

(画像右には)初登場してもらっているご主人です。

 

工事中はお隣の3階建てホームエレベーター付の家で暮らしていらっしゃいます。

定年退職後をご夫婦2人でゆったり暮らすお住まいは、壁を取り払って大きな大空間に変わります。

木工事はそろそろハイライトです。次回はリビングに造作した棚編です。

 

↓before  解体作業中の以前のキッチン。

P10607531

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

仕上げの木が、見えてくるころ

(5年前) 2軒寄り添う家の大規模リフォーム コメント(0)

↓壁のボード張り作業中

P1060792 P1060793

 

↓水廻りの防水ボード

P1060794

 

↓杉板を腰壁と天井に張ったリビングです。

このような状態になってくると施主さまから「まあきれい。」という声が聞こえてきて「木はいいわねぇ」と実感してもらえます。

造り手側も、職人の手技を必要とする仕上げの美しさに、自然素材からもらう力の大きさを実感します。

P1060797 P10607981

 

↓トイレの腰板張り

P10607911

 

↓工事が進むに連れて、当初予定にはなかった浴室のリフォームも検討され、ユニットバスに入れ替えを新たに計画中です。

周囲がどんどんきれいになってゆくと、既存の場所が気になり始め「やっぱり思いきってお風呂もリフォームしちゃおう。」とのご決断。

 

P1060795

 

ちょいとここをこうしてもらいたい、こんなのがいいんだけどと施主様は要望を伝えて、造り手はそれに応えて進めていくリフォーム現場です。

 

打合せが充実すると完成後の満足度も違い、家の愛着の湧き方にも大きく影響してくると思います。

要望通りにいかないこともありますが、必ずよい落とし所が見つかるはずです。

施主さんと施工者側、双方にとって幸せなことは、お互いに信頼ができることだと感じます。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

TV番組と違うところ

(5年前) 2軒寄り添う家の大規模リフォーム コメント(2)

夏休み明けの現場は引き続き、“2軒寄り添う家の大規模リフォーム”です。

↓床張り後、鬼の養生を施し、天井が張り終わりました。

見えない部分の性能アップも大事で、断熱性能は上がっています。

 

P10607861

P10607841

 

天井仕上げは珪藻土クロス張りです。

 

 

TV番組“大改造劇的ビフォーアフター”が放映されてますね。

施主さん家族は工事の全てが完成してから家に帰ってきて、「まあ、なんて素敵」と匠の手腕に驚き感動して涙するというパターンです。

あれはTV的に演出されてるからなのでしょうね。

 

さて実際の素の現場はといいますと、毎日家族の目の前で職人さんたちの作業が繰り広げられ、

工事中も細かい打合せが重ねられ対話があって、施主さんと施工者側が親密になっていきます。

そんな関係が形成されていくなか、こちらの奥さまのお気に入りはクワバラさんです。

話しかけやすく、ちょこっとした事をお願いしても気軽に引き受けてもらえるからみたいです。

人懐っこさはクワバラさんの才能です。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(2)

サラサラッ

(5年前) 2軒寄り添う家の大規模リフォーム コメント(0)

本気を出してきた熊谷の暑さの状況下でも現場は日々奮闘しています。“2軒寄り添う家の大規模リフォーム”です。

↓解体を行って顕わになった家を支える軽量鉄骨の構造体を覆うように、断熱材が敷き込められ

P1060781

 

↓杉の床張りが始まっています。

P1060780

 

↓柔らかい杉板は冬は足がヒヤッとせずに過ごせて、暑いこの時期はサラッとしているので素足の足が喜びます。

P1060782 P10607781

 

私達が床にムク材をおすすめするのは、新建材に比べると傷つきやすくて汚れやすいという欠点はあるのですが、一番はやわらかな温かさです。

 

床板には、杉の他に赤松、桐、桜などのムク板を張りますが、お客様の好みとお部屋の用途と予算で、最終的には決められていきます。

 

住まいの構造が鉄骨だろうが、コンクリートだろうが、いつも肌に触れる部分には自然素材で作ることを、ご提案しています。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

次は露天風呂?

(5年前) 2軒寄り添う家の大規模リフォーム コメント(0)

行田市の郊外、『2軒寄り添う家の大規模リフォーム』現場です。

↓軽量鉄骨造の2階建の方では、キッチン撤去作業を

 

P1060752

 

↓しました。

 

P1060754

 

↓天井・壁・床が解体されてスケルトン状態になり、新たに天井下地組み作業をしています。

 

P1060755

 

住まいは家族のあり方に合わせて、姿を変えていくのだと思います。

子供たちはそれぞれに独立して程良い距離に住まいを構え、同居していた親を見送って現在はご夫婦お2人です。

今回の大きなリフォームで住まいのスペックを上げ、装いも変えます。

工事が終わったら、今度は庭を整備して露天風呂を作りたいと、まだまだ暮らしを楽しむ計画をお持ちのKさんご夫婦です。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

築地住建

資料請求

PAGE TOP