築地住建のブログ『小さな工務店のスタッフのポケット』

格天井の加工

(9年前) 挌天井リフォーム コメント(0)

工事は少し先になるのですが、リフォームで和室を格天井(ごうてんじょう)にするお宅の、加工が始まりました。

格天井は角材を井桁状に組み上げる手法で、昔からある格式の高い天井で、お城やお寺、神社等で造られていました。

格天井のイメージとして見てください。↓事務所の天井です。こちらは“なんちゃって格天井”(苦笑)

2012 01 20_3806

↓加工に取り掛かる前に、組手の部分の試作品をいくつか作ってました。

「こりゃあ、かねてじゃない。(直角じゃない)」と築地から何度かダメだしがありました。

2012 01 20_3803

↓墨付けをして

2012 01 20_3812 2012 01 20_3798

↓角材同士の組み合わせ箇所を掘り込んでいきます。

2012 01 20_3808 2012 01 20_3813

2012 01 20_3810

↓組手箇所を1箇所ずつ、組んでは外しを繰り返し微調整を続けます。

髪の毛1本分の微差が、出来栄えを左右するという世界なので、慎重かつ丁寧に作業をすすめ、全部で84箇所作りあげました。

それはもう非常に手間のかかる繊細な作業です。

その手間のかけ方でひとつで、仕上がりが大きく変わります。

現場で84箇所全部がピタっと見事に納まると、見栄のすばらしい品格ある天井になることでしょう。

2012 01 20_3793

↓加工された角材の1本1本に使う場所が記され、今作業場で出待ちです。

2012 01 20_3790

優れた技術なしにはできない工程です。やるなぁ~みんな!

ブログ村・熊谷市(熊谷情報)/自然素材(工務店)クリックお願いします。
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ


コメントする

築地住建

資料請求

PAGE TOP