築地住建のブログ『小さな工務店のスタッフのポケット』

モデルチェンジするキッチン

(3年前) キッチンリフォーム , 大規模リフォーム コメント(0)

 

 

「お母さんと同居するリフォーム」大規模リフォームが終盤を迎えています。

 

 

 

↓玄関位置を少し西に移動して、新しくできた玄関です。

 

 

P1020622

 

 

 

↓システムキッチン組立の日の朝8時30分

 

P1020593

 

 

 

↓キッチンの組立完了した夕方

 

 

お施主さんも楽しみ待っていた新しいキッチンですが、組立工事完了後は養生というベールで目隠しされてしまいました。

 

P1020598 P1020599

 

 

リニューアルしたばかりの最新型、クリナップのクリンレディです。

 

 

 

これあったら便利という新機能を搭載してます。詳細は後日。

 

 

 

キッチンも、ユニットバスや、便器も、

 

見た目はもちろんですが、使い勝手をウリにした製品がどんどん誕生してます。

 

 

 

次はおしゃべりするキッチンとか。「なべ焦げそうやで~」「おいしいに煮えとるで~」

 

 

 

材料を出しておけば、勝手に料理を作っておいてくれる自動キッチンとか。ないない・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

和室が消えた

(3年前) 大規模リフォーム コメント(0)

 

 

 

大規模リフォームの「お母さんと同居するリフォーム」です。

 

 

 

↓玄関だったところを、2坪増築して

 

P1020479

 

 

↓同居するお母さんの部屋ができました。

 

P1020539

 

 

↓現在のリビングに隣接していた、長年家族で使い慣れた和室の姿が消えます。

 

P1020501

 

 

 

↓画像右が増築して新しくできた、洋室のお母さんの部屋。

 

和室解体へ

 

P1020503

 

 

 

↓和室消えちゃった。

 

ここに新しい玄関・玄関ホールと、今よりもより広く使いやすいリビングに生まれ変わるのです。

 

 

P1020521P1020522

P1020524 

 

 

↓新しくできた玄関(元和室)

 

P1020542

 

 

↓と、玄関ホール(元和室)

 

P1020537

 

 

↓住みながらのリフォームは、いろいろと荷物の移動に追われます。

 

工事の進行状況を見ながらの移動で、ご不便でしょうが、完工までもう少しご容赦ください。

 

P1020560 P1020559

 

 

この1ヶ月半の現場進捗をダイジェストで。

 

 

日々重ねてきた1.5ヵ月分の現場作業量を文章にしてみると、えらい短い。気が引けます。(苦笑) m(_ _)m

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

再開

(4年前) 大規模リフォーム コメント(0)

 

 

先週までの、長く続いた春の雨でした。

 

 

お天気にすっかりじゃまされ、日頃能天気な築地住建も、無情の雨をわびしくながめる毎日で

 

 

出遅れていた「母と同居するリフォーム」やっとこ工事再開です。

 

 

お施主さんもさぞかし、首をながくしてお待ちいただいていたかと思います。

 

 

 

 

P1020482 

 

 

 

 

↓増築部分の解体作業は早いペースで進みます。

 

 

これからこちらがお母さんの、東南で陽当りよく明るい部屋へと新しく変わっていきます。

 

 

 

 

P1020483

 

 

 

建築ストックの時代。できるだけ既存の建物をたいせつに改造しながら、使っていきましょう。

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

昔ながらの「縁の下の力もち」

(4年前) 大規模リフォーム コメント(0)

 

 

晴天が本気で恋しかったほど、雨続きの毎日でした。

 

お天気の壁に阻まれて、工程が多いに狂い、築地の頭の中に焦りが・・。

 

 

 

 

お母さんと同居することがきっかけのリフォーム計画、行田市のO様邸で工事が始まりました。

 

 

1階に2坪増築して、玄関の位置を変更し、お母さんをお迎えする部屋を用意します。

 

 

 

↓増築部分の地盤の補強をするために、今回築地が提案したのは松杭です。

 

 

直径21㎝長さ3mの松杭を打ち込んで、地耐力を確保をします。

 

 

IMG_5312 IMG_5317

 

IMG_5307 IMG_5321

 

IMG_5315

 

 

 

松杭を打つのは今ではちょっとめずらしい光景。

 

 

 

松杭といえば、東京駅前の旧丸ビル建て替えの際の、有名な話があります。

 

 

旧丸ビルの地下には大量の松丸太が基礎杭(松杭)として打ち込まれていて、それを掘り起してみると、表面は劣化していても、中は驚くほどの鮮度だったということでした。

 

 

地下でおよそ100年近くも、無数の松丸太がしっかり建物を支えていたんです。

 

 

松の木は、ご承知のとおりヤニを多く含んでいるので、地下で水にさらされても腐りにくい性質を持っているからです。

 

 

 

地下に松杭だなんて、先人はすごいことに気が付いてらっしゃる・・。

 

 

 

 

↓全部で7本の松杭を打った上に、基礎を構築していきます。

 

IMG_5322 IMG_5324

 

 

築地も2、30年前から、家を建てたお宅の中で松杭を打った家が数件ありますが、「今だ建具1本の狂いも無いよ。」というのが自慢です。

 

 

 

昨今の地盤補強工法と比べると施工はローテクでシンプル、コストも抑えられます。

 

 

地下で松のドエライ生命力が発揮されるのが、実証されてますように、昔ながらの縁の下の力持ちです。

 

 

 

 

第7回 カリスマ棟梁に聞いてみよう『リフォームセミナー』

4月23日(木) PM13:30~

※事前のご予約をお願いしています。

かたぐるしくないカジュアルなセミナーで、新コーナーあなたにもできる「プチ日曜大工コーナー」を始めます。

築地住建のセミナーは、話を聞くだけでなく、少人数なので意見交換できたり、直接いろいろなアドバイスがもらえます。

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

築地住建

資料請求

PAGE TOP