築地住建のブログ『小さな工務店のスタッフのポケット』

Vカット 大工の場合

(5年前) 外部リフォーム コメント(0)

 

 

Vカットと聞くと、みなさんはまず何を想像されるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

深谷市のリフォーム現場です。

 

 

足場を架けて、雨樋取替え、バルコニーノ屋根張り替え、外壁のヒビ割れ補修工事を行います。

 

 

P1000727

 

 

 

↓リシンかき落し仕上げの外壁に、合計7ヶ所のクラックが入っています。

 

 

このまま放置しておくと、内部に水が廻って構造材を腐らせてしまいます。

 

P1000716 P1000713

 

 

補修工事として、ヒビ割れ箇所にシーリング材を充填するのですが、このまま充填するのではなく、重要なポイントはここ。

 

 

 

ヒビ割れに沿って、Vカットする!

 

 

 

 

↓Vカットしてよくわかるのですが、ご覧のように奥までぱっくり割れています。これでしっかり奥までシーリング材を充填することができます。Vカットはそれ用の工具があります。

 

 

 

P1000718

 

 

↓養生テープを張って

 

P1000719

 

 

 

↓シーリング打ち

 

P1000722 P1000725

 

P1000724 P1000723

 

ここまでは大工が作業をおこないました。

 

 

 

 

大工さんは結構幅広くなんでもやってのけます。

 

 

 

 

仕上げは塗装屋さん。外壁色に合わせて塗料を調合して、塗装で補修箇所を目立たなくします。

 

 

 

 

現場作業を撮影し、プリントアウトしてお客様にご説明するようですが、その前に社内で力説してくれました。

 

 

 

 

 

ハイハイ、ヨクワカリマシタトサ(^_-)

 

 

 

ブログ村・熊谷市(熊谷情報)/自然素材(工務店)クリックお願いします。
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ


コメントする

築地住建

資料請求

PAGE TOP