築地住建のブログ『小さな工務店のスタッフのポケット』

広縁のある家

(4か月前) リノベーション・つなぐ コメント(0)

 

“リノベーション・つなぐ”の現場からです。

 

 

床はオーク材を使いました。いつも築地住建が使っている赤松やヒノキの床の雰囲気とは、少し趣が違うかと思います。

 

 

 

↓オーク板張り作業をするとすぐさま鬼の養生をこれでもかと施し、守りに入りますので、全貌は画像のように厚いベールに包まれています。

 

 

床張り作業した本人の大工でさえ、全貌は見れてません。わくわく心躍らせプレゼントの包装を解くように、養生が剥がされる日が待ち遠しいです。

 

現場はわくわくどころか、傷が付いてやしないかドキドキ緊迫する養生はがしですが・・。

 

 

 

祖父母の代は床の間付きの2間続きだった和室、床板を張り、15.5帖の大きなリビングとするのは孫世代のライフスタイルです。

 

 

 

IMG_5087

 

 

 

 

↓昔ならどこの家にもあった広縁。そのまま残します。

 

 

IMG_5084 IMG_5082

 

 

 

 

夏はリビングに入る直射日光を遮ってくれて、冬は温かなひだまりをつくってくれるのが広縁。

 

障子を開け放つとリビングとつながり更に広がりを見せ、リビングから庭の四季折々の風情が楽しめるという、これぞ日本の家屋でしょうかね。

 

 

 

リノベーションして住み継がれるすまいです。人間より家の方が寿命が長いです。

 

ブログ村・熊谷市(熊谷情報)/自然素材(工務店)クリックお願いします。
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ


コメントする

築地住建

資料請求

PAGE TOP