築地住建のブログ『小さな工務店のスタッフのポケット』

それぞれの想い そしてスタートを切った今年

(9年前) スタッフの日記 コメント(0)

顧客様向けに発行している情報誌ネタに使いたいからと、皆に年末に今年の抱負などの内容でアンケートをお願いしていました。

部長の抱負欄「整理整頓(去年はひどかったので。。。)」 (o^^o)クスッ♪

仕事始めの日、見違えるほどすっきりしていた部長のデスクに

かなり(◎ー◎;)ビックリ な私でした。

2週間が過ぎた今もキープ!

でも部長、デスクに残されたコンビニのおにぎりは昨日からのですけど。。。(^_-)


経験豊富で頼りになるベテランWさん

「まず健康。健康でなければ仕事も捗らないと思いますので、怪我に気を付け職場の仲間と仲良く働きたいと思います。」

昨年、腰痛で医者に行った1日だけの休みで、カゼひとつひくこともないWさんは、日頃健康管理に努力をしているのでしょう。


「災難を回避できる1年にしたい」と書いてあるのはSさん。

昨年は自宅に止めた車のタイヤをパンクさせられる被害に続けて会い、家族で不安な日を過ごし、何本タイヤを購入したことでしょうね。

いいことも悪いことも同じ数だけやってくるそうですから、今年は楽しいことがあるきっと良い年ですよ。


お正月休みは年始廻りで終わったという社長。社長が純粋な休日が取れるのは、1年のうち、ほんの数日のようです。


おみくじが、私としては滅多にお目にかかることができない大吉でした。こんなときこそ気を引き締めよう!

isu

弊社の職人さんの手仕事の温もり。手間のかけ方ひとつで仕上がり具合が大きく違ってくるらしいです。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

基礎工事編 耐圧盤コンクリ打設

(9年前) 新築 , ~上尾~ムクとしっくいで造った自然素材の家 コメント(0)

mikisa

『上尾の天然木の家』 現場にデカイ、ミキサー車とポンプ車が登場する、基礎工事中でのここは、ちょっと華やかなシーン。

耐圧盤(建物の重みを受け止める、ベタ基礎の底というか床の部分)にコンクリートの打ち込みです。

ミキサー車から生コン(生っていうだけあって、生モノなので施工やその後の養生がポイント)をポンプ車で空高く吸い上げて、流し込みます。

その際、バイブレーターという用具を使って、生コンに振動を与え、鉄筋の隅間など隅々にまで行き渡らせ、締め固めていきます。

弊社社長が『熊谷で一番!』といつも言っている、施工の確かさで大きな信頼を置いている基礎屋さんの熟練した腕で、表面をコテできれいに均して、美しくつややかに仕上がりました。

taiatuban

打設直後はまだ生でみずみずしいですがこれが、硬化すると強度が出てきます。


次は基礎立ち上がり部分の型枠組み。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

阪神・淡路大震災

(9年前) スタッフの日記 コメント(0)

17日は震災の発生した日でしたので、関連ニュースや特番が放送されていました。

14年前のその日、私は・・・・・

兵庫県の明石市に実家がある私は、その日夜8時まで実家と連絡が取れず、

母や姉夫婦、甥、姪の安否がわからず、

不安に押し潰されそうな1日を職場で過ごしていました。

当時の職場の人達の私への励ましが、とてもあたたかくありがたかったのが想い出されました。

いまだに悲しみから立ち直れず、当時の映像は見られない人がいらっしゃるそうですが、

皆さんそれぞれの想いで関連ニュースをご覧になったことでしょう。

yume1

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

上尾の天然木の家 基礎工事編~配筋工事

(9年前) 新築 , ~上尾~ムクとしっくいで造った自然素材の家 コメント(0)

楽天ブログから続きのブログです)

基礎の鉄筋、配筋作業が完成しました。

この後、コンクリートを流し込む(打設)ともう2度と見えなくなってしまいますので、ここはしっかりチェックポイントです。

全景です。鉄筋が緻密に規則制をもって組まれている様子、美しく、シブいっしょ!
zenkei1

ベース部 D13(直径13ミリ)を20センチピッチで配筋
be-su

内部立ち上り部 主筋D13(直径13ミリ)を25センチピッチ
naibutatiagari

外部立ち上り部

gaibu

基礎高60センチ 外周部廻りは一段と深くなっています。

gaisyuu

スペーサー(この四角い小さな物体のこと。地面から鉄筋が浮くようにと、地面との間隔を保つためのコンクリ製のもの)かぶり厚6センチ 間隔1mで配置
supe-sa

鉄筋と鉄筋を繋ぐ継手やコーナーの補強の様子

tugite

sumihokyou

鉄筋を防湿シートの上に配置して、鉄筋同士を緊結するために道具を使って、針金を一瞬のうちにくるくるくるって鉄筋に巻いていきます。

配筋作業の手際の良さに、職人さん達ってかっこいいよなぁ~って思います。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

お引越してきました

(9年前) スタッフの日記 コメント(0)

楽天ブログからオリジナルブログにお引越してきましたのでどうぞよろしくお願いいたします。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

築地住建

資料請求

PAGE TOP