築地住建のブログ『小さな工務店のスタッフのポケット』

ご案しなさいませんように、ムク床汚れ

(1年前) メンテナンス コメント(0)

 

10年前にリフォームさせていただいたお宅です。「桐の床とタモのテーブルの汚れが気になって、汚いの。どうしたらいいんでしょう?」とご相談がありました。

 

 

↓汚れが目立つようになりました。

 

2017-06-16 09.43.45  2017-06-16 09.45.50

 

 

 

↓小さなキズやシミも

 

2017-06-16 09.58.57 2017-06-16 10.06.57

 

 

↓桐の床は、うずくり仕上げ(木目を浮き上がらせる加工)になっています。

 

2017-06-16 10.07.26

 

 

 

 

↓まずは先輩大工がサンドペーパーで、汚れや小さな傷を磨いていきます。あっという間にきれいになっていきます。目立つキズはパテ埋めで補修。

 

2017-06-16 12.14.43

 

 

↓それに倣って新人森島君もゴシゴシ。

 

 2017-06-16 14.09.53

 

 

↓自然塗料をローラーで塗布します。表面に塗膜を作らないので、柔らかくて温かなムクの質感が楽しめ、調湿効果も期待できます。

 

2017-06-16 14.12.27

 

 

↓先輩大工は隅っこを刷毛で縫っていきます。

 

2017-06-16 14.11.21

 

 

↓その後、乾拭きです。

 

2017-06-16 14.25.04

 

 

 

↓そんな作業真っ只中

 

 

築地「俺はここで監督をしてるんだ。」

 

 

どう見ても日陰で涼み、一服タイムをくつろいでいるようにしか見えません・笑

 

 

2017-06-16 12.13.46

 

 

↓タモのどっしり風格あるダイニングテーブルも、表面の汚れをきれいに落しました。

 

 

脇にはこれからウレタン塗装をスプレーするために器具。

 

 

この日のために8万円強出して揃えたからと、塗装屋さんの写せ写せの強烈なアピールにより、ちゃっかり写っとります。

 

2017-06-16 12.06.17

 

 

↓新品器具、いい仕事してくれました。

 

2017-06-16 16.38.11

 

 

↓床塗装の仕上がりです。ツヤツヤな輝きを見せてくれます。

 

2017-06-16 16.13.33 2017-06-16 16.12.52

 

 

↓仏壇も元の位置に戻してもらいました。

 

2017-06-16 16.18.41

 

 

↓10年前のリフォームのときに床と同じに揃えた桐の食器棚と、同色に戻りました。

 

2017-06-16 16.15.04

 

 

↓お客さまは朝仕事でお出掛になり、夕方お帰りになったときの部屋の変わりように、大喜びしてくださったそうです。

 

2017-06-16 16.17.02

 

 

一日で仕上がりました。

 

 

 

 

表面をサンドペーパーで研磨するだけで、新しくきれいな表面が何度でも現れてきます。ムクの床、あなたはすばらしい。

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

里帰り

(2年前) メンテナンス コメント(0)

 

↓以前、とある製造会社さんに納品した、木製のループアンテナ測定台なるもの。

 

IMG_7022

 

 

 

作業員さんの不適切な使用が原因で、足が壊れてしまったそうで補修&補強のご依頼があり

 

2016032514230000

 

 

 

昨年お嫁入りしたループアンテナ測定台が、里帰りしてきました。

 

 

↓我々は、でぇ~く(大工)だからね、と、補強材も見た目が美しくなるよう、手間かけてアール加工となりました。

 

IMG_8490

 

 

更に頑丈に美しくパワーアップして、嫁ぎ先へ戻っていきます。

 

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

メンテと花がつお

(3年前) メンテナンス コメント(0)

 

 

お引き渡し後の家で、ご家族が楽しそうに暮らしていらっしゃり、変わりなくおつきあいいただけるのはうれしいことです。

 

 

 

ご連絡いただいていた、何ヶ所かの引き戸の不具合を直しにお伺いしたときの様子です。

 

 

P1000836

 

 

 

方立て(柱のない壁などに建具を取りつけるために立てる縦長の材)をカンナで削ったり

 

 

↓別の引き戸を外してきて、不具合のある場所にはめ込み、開け閉めを試してみたり

 

P1000821

 

 

 

↓“下げ降り”を垂らして、垂直かどうか検証してみたりしてきました。

 

 

P1000816 P1000809

 

 

 

 

小さなお子さんが、大工の削ったカンナくずが食べられそうだと、興味深そうに見守ってくれていたそうです。

 

 

そうそう、美味しそうな花がつおに見えるんですよね・笑

 

 

 

 

ムク材の特性を理解してくださるお施主さんは、多少おおらかにかまえてくださいます、が・・

 

 

 

それに甘えることなく、造った大工の看板がすたるとばかり、築地が一部の建具については建具製作側と交渉に入ります。

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

障子があることの意味

(5年前) メンテナンス , 建材のあれこれ・メリット・デメリット コメント(0)

年末のお掃除が気になりだすころで、障子の張替えも・・。

 

 

張替えの際、まだまだ白く見える障子紙も

実は拡大鏡でぞいてみると

紙の繊維の間に、真っ黒なすす状の汚れがこびりついているのだそうです。

 

 

障子紙の種類には、純粋な和紙を使ったもの、ビニール繊維が入ったもの、障子紙にプラスティックフイルムを両面からサンドイッチのようにはさんだもの、など様々です。

 

 

ビニール繊維が入ったものは、破れてなくて便利なんですけどねぇ。。

その強さは捨てがたいのですが、吸着性が劣るので空気と一緒に細かいチリやホコリを簡単に通してしまいます。

 

 

純粋な和紙は、風で飛ぶダニの残骸だってしっかり吸着してくれて、呼吸器に入る前にりガードしてくれるのだと知ると

障子に張る和紙の効用を、改めて見直してみたいなと思いました。

 

 

↓世界に誇る間仕切りである障子の柔らかな光を通して、室内が白っぽい落ち着いた雰囲気になります。

 

0913_08 05

 

障子紙をろ過機能のある和紙に張り替えるだけで、黙って室内の空気をきれいにする仕事をしてくれるのです。

素材として、けなげでいいやつです。

 

 

お宅の障子は、どなたが張りかえるのですか?

「わしや。」

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

プチプチメンテ

(5年前) メンテナンス コメント(0)

昨年秋にお引き渡しを終えたOB施主さんから先日、メールとお電話で状況をご報告いただいた事例です。

ブログネタにいただきました、Aさん。m(__)m

 

↓浴室の窓の左右両隅に、裂けている箇所を発見されたそうです。

IMG_20130826_183229 IMG_20130826_183244

 

 

【築地棟梁による原因と対策】

 

窓に取り着けた浴室用のブラインドは、側面に突っ張る力で固定するタイプです。

あの便利なつっぱり棒の原理ですね。

木と違ってしなやかさがない浴室の樹脂製の壁は、両側に押されてシーリング材が欠落してしまった。

この状態でシーリングを施せば大丈夫。

 

と、ぶっておりましたがまだ伺えておりません。ヾ(–;)ぉぃぉぃ

 

暮らし始めると、様々な種類の不具合はついてまわるかと思います。

それをどう補修するのかは、施工会社の腕と経験と知恵と誠意なのかなぁと思います。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

ちょいと直す

(5年前) スタッフの日記 , メンテナンス コメント(0)

戸建の貸家に新しい入居者さんが決まりました。

ネットで告知する前に、看板を出したら大通りから目に止まりやすいからか、早くに決まりました。

築39年です。

問題が・・。

1階の和室の鴨居の中央が、両端に比べて23㎜も下っていて、襖が開閉できない状況でした。

建具やさんに襖の高さ調整をお願いしたら、これはムリって断られました。

IMG_33431

ここで頼りになるのが築地住建という工務店です・笑

チョチョイのチョイっと直してくれました。

どんな手を使ったの?って聞いたら

↓吊り束を切断して、左右の欄間を削って調整

IMG_ー_edited-2

 

↓襖の枠に木を当てがっています。

これで襖はスンナリ開閉。おみごとっ!

IMG_3341

こちらの大家さんは「家賃はそんなにもらわなくていいよ、もっと安くていいよ。」と大様な人で

「借りてくれてうれしいねぇ。」と、せっせせっせと庭や外回り、室内をたった一人で精一杯にお掃除してくれるのです。

そこまで・・ということまで。そんな姿勢に小さく胸を打つのでした。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

ムクの床のキズにはこれ

(6年前) メンテナンス コメント(0)

↓大工さん、アイロン掛けをしています。

IMG_2883

大工さんらしからぬ道具を持っているのは

↓赤松の床フローリングに、キズが付いてしまった箇所に濡らしたタオルを当てて、

その上からスチームアイロンを掛けてキズの修復をしています。

IMG_2884

このように、身近にあるものを使って、簡単にムクの床のキズの手入れができるのですが、

モノを落下させてムクの床を凹ませることは日常よくあることで、その度にアイロン掛けするのは面倒です。

キズが付いたらその部分に水を垂らしておくと、木の繊維が水分を吸って面白いように復元してくれます。

復元したら垂らした水はシミになるので拭いておきます。

そしてアイロンデーと称して、洗濯物にまとめてアイロン・・・ではなく、ムクの床にアイロンをかけるのというのはどうでしょう。

えっ?・・いつもそうやっている?

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

障子の張り替え

(6年前) メンテナンス コメント(0)

新しい年を気持ちよく迎えるために、この時期障子の張り替えをされるお宅は多いと思います。

問題は雪見障子の場合。

リフォーム依頼で、雪見障子の外し方がわからないからという理由で、障子張替えを依頼をされた方が複数いらっしゃいました。(OB施主さまではありません)

そんな方には築地が雪見障子の外し方を、丁寧に教えて差し上げているそうです。

これで次回の障子張替依頼は、なくなってしまいました。(笑)

ポイントは左右のどちらかにバネが付いているので、そこを押してやると桟から外れるようです。(全く違う構造の場合も、あるようです)

外し方がわからなくてお困りの際はご連絡ください。

05

IMG_8610 IMG_8593

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

築地住建

資料請求

PAGE TOP