築地住建のブログ『小さな工務店のスタッフのポケット』

シンポジウムで被災の体験を語る桑原さん

(4週前) 福島県浪江町から来ました「がんばってんねんクワバラさん」 コメント(0)

 

以前お知らせしました、熊谷市内で“被爆地からのメッセージ”というシンポジウムが開催され

 

DSC_0258

 

 

↓桑原さんが福島県浪江町に居たときの、東日本大震災当日の状況から~避難までの、被災体験を語りました。

 

IMG_3598

 

 

地震当日のことから、福島原発の大きな爆発音や振動のこと、お父さんの指示でやった対処の内容、自衛隊が自宅に来て避難命令が出てから避難したこと、避難先でのこと等でした。

 

 

避難先で、ボランティアの方々が作ってくれたカレーの温かさが心に残っていることも、話していました。

 

 

結びに、お世話になった全ての皆さんへ感謝と、こちらの地に足をつけて恩返しをしていきたいと、締めくくっていました。いつもながらのG・N・O(義理・人情・恩返し)の人です。

 

 

 

↓質疑応答タイムでは、桑原パパ(中央)が大活躍。

 

DSC_0251

 

桑原パパは自費で高価な線量計測器を購入して、これまで各地を調査を実施してきた膨大なデータと豊富な知識で、非常に説得力のある話ばかりでした。

 

 

様々な質問に適格に応えておられ、実態を知ることができました。

 

 

 

 

“桑原さんが東日本大震災を語る”をUPしましたので、よろしければこちらもご視聴ください。

ココ

kuwa

 

ごめんなさい、ほんの冒頭だけなのはまさかの電池切れです。しっかりしてください!自分。(>_<)

 

 

 

 

↓翌々日、朝日新聞に掲載されました。

 

20190325164043_00001 - c

 

 

 

被爆について、あまりの無知さ加減と、意識の低さを思い知らされた筆者でした。

 

 

 

ブログ村・熊谷市(熊谷情報)/自然素材(工務店)クリックお願いします。
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ


コメントする

築地住建

資料請求

PAGE TOP