築地住建のブログ『小さな工務店のスタッフのポケット』

相互の狂いを相殺する仕口や継手のすばらしさ

(11年前) スタッフの日記 コメント(0)

お仕事仲間さんの事務所増築工事50坪、間違えた5坪(笑)の材料の刻みをやってます。

IMG_6776

IMG_6780

斜めってたり三角のところがあるので、プレカットでは応用がきかないらしく、墨付けして手刻みです。

社長には長年の経験から作りだした独自の工法があります。それはちょっとした仕口の工夫だったりします。

社長「どうやったら揺れないかを考えて編み出したんだ。それにはハンパなく墨付けには気を使うんだよ。仮り筋交いが必要ないくらい揺れないんだ。建前のとき、カシラがびっくりするからね。どうやったらこういう風にできるんだってね。だから自分のところで刻めばいい家ができるんだけどね。」(コスト面からプレカットがほとんどです)

家造りを考えるとき、見えない部分については実際に見ることも触れることもほとんどしないと思います。そこにも目を向けると、耐久性のあるいい家ができるのかしらと思います。

社長には、丈夫でいい家を作ることに、どこよりも負けないという自信を常に持っています。

ブログ村・熊谷市(熊谷情報)/自然素材(工務店)クリックお願いします。
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ


コメントする

築地住建

資料請求

PAGE TOP