築地住建のブログ『小さな工務店のスタッフのポケット』

和菓子店 祝開店

(6年前) 9坪の和菓子店 コメント(0)

『9坪の和菓子店』、お引き渡しが終わり、12月に新店舗へと引越して、新装開店しています。

先月、開店セール実施中の御祝の花がいっぱいで、華々しい店舗風景です。

2011 12 29_3603 2011 12 29_3604

訪れるお客様から「いいお店ですね。」と言われるんですよと、施主さんがおっしゃられたそうです。

そんな言葉から、汗水垂らしてものづくりする面白さとしんどさに、達成感でいっぱいになる造り手たちです。


構造材はプレカットではなく、手間暇かけての手刻み加工でした。

そこには大工さんたちの確かな技術が込められているので、建物にとって手間暇かけるだけの良さがいっぱいあります。

手刻みの貴重な機会を与えてもらい、若手に伝統技術承継と経験を積ませるためということで、加工の手間代の費用は、赤字を見越した金額なのだと築地は言っていました。


ここで桑原さんから、ごめんなさいのカミングアウト。

「たいへんお世話になりましたお施主さんへ

工事中はいつも作りたてのおだんごや、大福や花パン等を差し入れてくださってありがとうございました。

実は、ボク・・・あ、あんこが苦手なんです・・・。m(*- -*)mス・スイマセーン・・

現場で大福をめっちゃ頑張ってほおばっていた桑原さんを、わたしたちは知っています。(苦笑)


和菓子の『美世志』さん

群馬県桐生市境野町7丁目1755-3

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

新店舗を装う

(6年前) 9坪の和菓子店 コメント(0)

仕上げに、店舗内の装飾小物の製作物も完成しました。

↓商品を陳列するひな壇

2011 12 17_3536

↓旧店舗から引越してきた格子も少し細工を施して壁に飾ります。

2011 12 15_3499

↓正面、右の壁には照明が縦に3本仕込まれましたが、さてこれは何をしようとしているのでしょうか、皆さんで推理してみてください、と、ビフォーアフターのアナウンサー風に書いてみましたが、めんどくさいパターンでしたね m(__)m

2011 12 15_3489

↓3本の壁の照明のお役目は、和紙で作られたお月さんでうさぎがお餅をついている絵柄を、照明をあてて美しく装われるためだったのでした。

2011 12 17_3538

これからきっとお店の方々は、新店舗でのオープンイベントの準備で慌ただしいことでしょう。

2011 12 17_3535

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

ショーケースのお引越し

(6年前) 9坪の和菓子店 コメント(0)

大きな施設も、小さな店舗も、工事の現場はたくさんの職人さんの手が活かされ、技術を駆使して造られていきます。

その後の“9坪の和菓子店”も、外壁張り工事、床タイル張り工事、板金工事、クロス張り工事、電気工事に続き、クリーニング作業を終えると、ショーケースと包装用の棚が旧店舗から新店舗へとお引越ししてきました。

2011 12 15_3488 2011 12 15_3492

2011 12 15_3493

↓そうそう、このアングルが最高なんだよねえと、完成したばかりの建物が言わんばかりの、伝統的技法で銘木をあしらった堂々の店構えです。

2011 12 15_3496

あと少し、店舗内に装飾をしつらえるための仕事をさせてもらっています。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

かけっこでご報告

(6年前) 9坪の和菓子店 コメント(0)

“9坪の和菓子店”工事の様子、ブログのご報告が遅れていますので、リアル現場に追いつくため、今日はかけっこです。

↓断熱材(マットエース)を施工

2011 11 17_3213

↓電気やさんが配線工事

2011 11 16_3211

↓天井は梁を一部見せてボード張り。

2011 11 21_3229 2011 11 21_3230

↓クロスが貼られると、焦げ茶色にお化粧された柱や梁、窓廻りのマグサ等が一層引き立つようになりました。

2011 12 03_3444

↓天井に取り付けられた格子組み。この格子の中にダウンラウトの照明を配置する仕掛けです。

2011 12 03_3443

走ったので、リアル現場に追いつきました。(〃゚д゚;Aゼエゼエ・・

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

どこか懐かしい様式・・

(6年前) 9坪の和菓子店 コメント(0)

リアル現場は工事がどんどん進んでいるのに、進んでいないのがこのブログです(*- -)(*_ _)ペコリ

日付を遡り、屋根工事をしている画像です。

↓地面に瓦が積まれていますが、渋いイメージの店舗屋根は、和瓦のいぶし銀が葺かれます。

2011 11 16_3201

↓うづくり加工した杉の板を張った軒天井に、化粧破風。

店舗正面にどんと目に入る木の破風板は、釘を表に見せない工夫をしてあるそうです。仕上げを美しく見せるために、造り手たちのひと手間です。

2011 11 16_3204

↓正面の妻壁には、大工さんが“天秤”と呼んでいた、束と貫を格子に組んでいる、伝統的な意匠方法がポイントになっています。

2011 11 16_3205

和菓子も日本の伝統的なお菓子です。

伝統的工法の建物でお客様を穏やかにお迎えします。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

和菓子店の工場も・・

(6年前) 9坪の和菓子店 コメント(0)

『9坪の和菓子店』の隣が工場になりますので、店舗新築工事と同時に改修工事も進んでいます。

以前ここはお弁当やさんだったそうです。

2011 10 17_2843 2011 10 17_2844

↓カウンターも撤去

2011 10 17_2841

↓正面入口のサッシも撤去

2011 10 17_2840

↓この、目を引く光り輝くスカイブルーの外観が、隣に寄り添うように建てられる店舗に合わせ、肩の力が抜けた落ち着いた外観へと変貌していきます。

2011 10 28_2992

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

店舗入口下屋

(7年前) 9坪の和菓子店 コメント(0)

↓コツコツと手作業で精密に細工していた、吉野杉の丸柱。

2011 11 08_3111

↓店舗入口前に2本建ちました。

2011 11 08_3114 2011 11 10_3137

↓続いて加工していた同じく吉野杉の差し桁。柱とがっちりきれいに納まりました。

高さは、現場で社長がバランスを見て高さ決めを行いました。

2011 11 09_3121

↓化粧垂木に化粧野地板を施工しました。木の構成が美しい。

2011 11 10_3135 2011 11 10_3136

↓ルーフィングを張って下地までができました。

2011 11 10_3132

下屋は店舗の風格という点で重要な意味を持っています。

ブランドの良材を使い、加工に時間を割いて最も気を使うところです。

お客様を喜んでお招きする、店舗入口のしつらえです。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

大きなガラス窓の店舗

(7年前) 9坪の和菓子店 コメント(0)

↓大きなガラスを取付。

店舗前の通りからも店内の様子が伺えて、また店内からもとても開放的で明るい、大きなガラス窓の店構えです。

2011 11 07_3100

↓完成すると、現在の通りの少ない裏道に構える店舗から、大きな通り沿いへと移転です。

下屋に掲げられている木の看板は、アク洗いをかけられて新店舗に引き継がれ、お店の歴史をこれからの未来へと繋いでいきます。

看板は街の景観を左右しかねないですけど、この古色を帯びた木の看板には穏やかさがあります。

2011 08 12_2379

↓外部、基礎の上の方には、意匠として付け土台を取付。こういったところにもさりげなく木造の贅が。。。

2011 11 07_3106

↓表面をこのように、木目を浮き上がらせるように仕上げられている“うづくり”の杉板を、

2011 11 07_3105

↓外部の軒天に張られ、見上げると美しい軒裏の天井ができました。

2011 11 08_3116 2011 11 08_3117

温かい木質感をそのまま活かし、木の造形が力強くて美しいたたずまいです。

造り手側も頑張ってよかったな、そう思えるような店舗になります。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

確実に進んでます

(7年前) 9坪の和菓子店 コメント(0)

9坪の和菓子店・・・それから

↓外壁下地の構造用パネル(ノバポン)を張り

2011 11 02_3075

↓正面入口脇、化粧筋交い(見せる筋交い)取付

2011 11 02_3079

↓サッシも入り、外部、防水透湿シート張り、通気胴縁取付完了しました、の図を、お店の裏側から撮影。

2011 11 05_3096

↓外部、軒天に張る杉板。“キシラデコールやすらぎ”を塗装してから張り始まります。

2011 11 05_3098

↓内部は天井下地組が始まりました。

2011 11 05_3097

と、ご報告するのはくしゃみするほどの短い間で終わってしまいましたが、上棟より、日々コツコツと、10日程経過しました。

小規模でも、木の多くの表情を活かした店舗に仕上がります。

施主さんが喜んでくださる、そのことが良い仕事をする後押しになっています。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

小さな君たちを見逃しません

(7年前) 9坪の和菓子店 コメント(0)

↓上棟の日、ふと目が合った小さくてかわいい子たちに、スポットを当ててみました。

2011 10 28_3001 2011 10 28_3002

2011 10 28_3038

名前は“込栓”(コミセン)。これも上棟前に手作りして用意しておいたものです。

あらかじめ仕口に開けておいた小さな穴に、部材が抜け出すのを防ぐために、込栓が打ち込まれるようです。

込栓を打ち込むことで、部材同士が更に強固に結合し、耐久性が高まります。

目立たない程地味で小さな木の細工は、からだは小さいけれど、その役割はたいへん大きいんです。


木工教室開催します

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

築地住建

資料請求

PAGE TOP