築地住建のブログ『小さな工務店のスタッフのポケット』

コラボ アイアン×木の家具

(4日前) 大きな縁側と薪ストーブのある平屋 コメント(2)

 

別荘みたいな森の家“大きな縁側と薪ストーブのある平屋”、お施主さんとコラボしてアイアン×木の家具造りをしています。

 

 

お施主さま自らのデザインで、アイアンでフレームを製作され、その後築地住建が木部を仕上げます。

 

 

 

↓TV台完成です。材はタモを使いました。

 

2018-07-13 12.51.55

 

 

 

↓アイランドキッチンの背面に設置する、キッチンシェルフも造っています。

 

 

同じくお施主さまがフレームを製作し、築地住建が木部を仕上げます。

 

 

IMG_2451

 

 

異業種さんと組むと、こんなにインパクトのある家具ができるのかと、これまでになかった新鮮な発見と喜びです。

 

 

実物見てみたいぞっと、と思われた方

 

 

 

見られるんです。

 

 

 

こちらで

 

 

 

お施主さまのご厚意で完成見学会開催が決定しました!

 

『平屋にすむ』完成見学会

日時:7月28日(土)・29日(日)午前9時~午後5時30分

場所:行田市真名板1622 太田東小の北側です

※家具のリクエスト、コラボで応じます(笑)

 

 

 

ただいまお施主さま、カンターチェアーを仕込み中です。

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(2)

まるです

(1週前) 大きな縁側と薪ストーブのある平屋 コメント(2)

 

 

別荘みたいな森の家“大きな縁側と薪ストーブのある平屋”です。

 

 

 

↓玄関ポーチの板張り天井と、グリーンで塗装した軒天井が爽やか。

 

 

IMG_2408

 

 

 

↓LDK22.5帖にどんとそびえ立つ、最も重要な大黒柱の丸太

 

IMG_2448

 

 

↓ご主人が「ぶら下がりたい」とおっしゃっていたごつい梁。

 

IMG_2445

 

 

↓大きな縁側。

 

IMG_2442

 

 

 

↓奥様のためのミシンコーナー。リビングの一画に位置し、キッチンにも近く、使い勝手を配慮した奥様思いのご主人の設計。

 

IMG_2425

 

 

↓東のトイレ、赤松の手洗いカウンター

 

IMG_2430

 

 

↓もうひとつのトイレ、西のトイレの赤松の手洗いコーナー

 

IMG_2411

 

 

↓お施主さまらしいセレクト。犬の肉球がかわいい建具。

 

IMG_2416

 

 

 

 

↓おっとこのまる、ん?なになに?・・・ですよね。

 

 

寝室から3帖の和室に入るにじり口。

 

IMG_2288

 

 

 

↓和室側から見ると、画像左にカウンターがわかりますでしょうか。

 

ご主人のコーナーです。

 

ご主人がここに座ってお仕事されていると、寝室側の丸い開口からご主人の背中がチラっと見えているという構図だそうで、いろいろお施主さまのきゅんとくる楽しいアイデア、素敵な仕掛けがあるんです。

 

 

IMG_2291

 

 

まるの開口は、鎌倉の明月院の円窓からきているそうで、お施主さまは3帖の和室を悟りの部屋と銘々。

 

 

照明は、あんどんのように、との計画です。

 

 

ここは秘密基地?

 

 

 

家づくりに想いを込めるのは、お施主さまも施工者も同じです。

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(2)

アイランドキッチンがやばい?

(4週前) 大きな縁側と薪ストーブのある平屋 コメント(2)

 

 

P1000097

 

 

森の家“大きな縁側と薪ストーブのある家”です。

 

 

 

IMG_2257

 

 

お施主さまから

 

 

『●●邸が毎日ヤバいことになってます。(●●はお施主さまのお名前)

 

 

今日もヤバかったです!

 

 

どこぞやの別荘に来たのかと思ってしまいました!

アイランドキッチンがめっちゃくちゃ合ってます!!

 

これからキッチン中心の生活になりそうです。』

 

 

 

 

 

次回タイトルに付け足させていただきます、“別荘”を(笑)。ありがとうございます。

 

 

 

昨日に続き、お施主さまコメントブログでした。

 

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(2)

できた!格子天井

(1か月前) 大きな縁側と薪ストーブのある平屋 コメント(0)

 

 

森の家“大きな縁側と薪ストーブのある平屋”は勾配天井のため

 

 

アイランドキッチンの換気扇フードを取り付ける段にきて、築地、悩みました。

 

 

 

 

そしてあるとき、いたずらっ子が、新手のいたずらを企てたときのような顔になりました。

 

 

 

 

その後、作業場でみんなでノミでコツコツと作業が始まり、数日をかけました。

 

 

 

 

 

↓完成したのが、格天井の手法で、材を格子状に組むといういたずら方策。

 

P1000102

 

IMG_2246

 

 

以下は、ご覧になったお施主さまからのコメントを転載させていただきます。

 

 

『キッチンの格子天井に度肝を抜かれました!

 

自分が想像していたよりも100倍凄かったです!

 

立て掛けてあった格子を見た瞬間、

 

「あっ、負けたっ!(●●金属の技術)」←●●はお施主さまの会社名

 

と瞬時に思ってしまいました!

 

LIXILやYKKに●●金属の製品は綺麗だと言われてるのですが、築地住建様で組んだ太い格子はもっと凄く繊細でした。

 

凄く勉学になりました!まじまじと見てしまいました!

 

日本の物造りは本当に繊細ですね。数多くこなすハウスメーカーには分からないと思います。

 

障子の開口枠といい、築地住建様の物造りに対する思い、建築美には本当に心を打たれております。

 

もっともっと多く方に日本の物造りを感じて欲しいと思う瞬間でした!』

 

 

 

 

何がすごいって、お施主さまのコメントの方がすごいのです。参りました。

 

 

お施主さまのコメントを転載だけの、楽ちんブログとさせていただきます。

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

アイアン×木

(1か月前) 大きな縁側と薪ストーブのある平屋 コメント(2)

 

 

森の家“大きな縁側と薪ストーブのある平屋”からです。

 

 

お施主さまの会社は金属会社です。同じものづくり人同士、弊社と、その精神と自慢の技術とこだわりに通じるものがあります。

 

 

このようなお仕事もされていらっしゃるとか。

 

↓住宅のロフトの手摺だったり

 

DSC_0129 

 

 

↓住まいの間仕切り扉

 

IMG_0479 IMG_0480

 

 

 

 

お施主さまのご自宅では採光窓の計画されました。キッチンまで光を届けること、何よりキッチンで作業する奥様は縁側を通して庭が見渡せますので、キッチンが気持ちよい場所になります。

 

アイアンの採光窓で、住まいの生活シーンがバージョンアップです。

 

 

 

↓「採光窓完成しました。これから仕上げの焼付け塗装します。」とご連絡いただいたときの画像

 

DSC_0226 (002)

 

 

↓焼付塗装後、弊社まで搬入してくださり、作業場で木の枠を加工して現場にて設置。奥様喜んでくださったそうです。

 

IMG_2215 IMG_2214

 

 

次はTV台です。

 

↓TV台のフレームができましたよぉ、これから仕上げの焼き付け塗装します、のときの画像

 

DSC_0301

 

 

お施主さま自らデザインされたアイアンと木のTV台になります。〇〇金属×築地住建のコラボ製品です。

 

 

このあと設計図通りに、築地住建が木で、天板と扉を製作します。

 

 

 

アイアンと木のTV台って、これいいですねぇ、うちにも欲しいというご要望ありそう、これ1回にしとくにはもったいない、そうだ商品化しちゃおう!

 

 

製作発表は、住まいが完成したあかつきに開催予定の完成見学会場で、華々しく商品デビュー!

 

 

会場で実物を是非じっくりとご覧になってください。

 

 

発注は〇〇金属様、若しくは築地住建へ。ヾ(–;)ぉぃぉぃ 気が早すぎっ・・。

 

 

 

 

追記

お施主さま、書いてから気付きました。アイアンではなく、スチールが正しいのでしょうか。

社長にどっちだろう?って聞いたら「俺、木のことはわかるんだけど・・。」でした。(>_<)

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(2)

日本の「あかり」計画

(1か月前) 大きな縁側と薪ストーブのある平屋 コメント(2)

 

“大きな縁側と薪ストーブのある平屋”の現場からです。

 

 

↓玄関、軒天井板張りの、ムクのきれいな木目に迎えられ

 

 

2018-05-18 13.43.03

 

 

 

↓室内はもっと驚くほどきれいな、勾配天井の板張りが現れます。

 

頭上ばかり視線が向いてしまい見とれていると、蹴躓きますからここは要注意です。

 

 

工事のプロセスを楽しまれておられるお施主さま、その都度感想等も寄せてくださって「天井の羽目板を見て木に包まれたやわらかい空間に感動いたしました。森の家でした。」

 

IMG_2209 IMG_2210

 

 

↓サンタさんの出入り口、薪ストーブの煙突。

 

IMG_2207

 

 

ここでお施主さま、照明計画の見直しを考えられました。

 

当初より、照明をこうこうと照らすのではなく、薪ストーブの炎を楽しめるような控え目な照明計画でしたが、ここにきて更にパワーアップ。

 

「家全体の照明を、“職人さんが造る技術を照らす・映える照明にしたい。」

 

「和室はあんどんのように、昔の様なロクソクの明かりで照らす様な雰囲気にしたいと考えております。」

 

 

「現地を見ると、造っていただく天井・左官職人の京壁を電球色で照らした方が雰囲気が出るのかなぁと。」などなど。

 

 

お施主さま自ら計画されたのは、間接照明や調光を活用した柔らかい光、部屋をすみずみまで照らすのではなく、昔ながらのぼんぼり、灯明のあかりをイメージする雰囲気づくりです。

 

暗さのなかの明るさ、暗いから明かるさがより認識できる、みたいな、とてもいいことおっしゃってたのですが、

 

 

うろ覚えです。(>_<)

 

 

 

 

 

こだわりが、こちらに響いてきています。

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(2)

構造見学会開催のご案内

(2か月前) イベント , 大きな縁側と薪ストーブのある平屋 コメント(0)

 

 

直前のご案内になってしまい、申し訳ありません。

 

 

藤井さんがフェイスブックで告知しています通り、20日(日)と27日(日)両日共午前10時~12時 午後1時~3時で

 

 

“大きな縁側と薪ストーブのある平屋”において構造見学会を開催します。

 

 

完成見学会はよくいろんな会社がやっていますが、構造の見学会は出来上がってからでは見えなくなる部分を、どのようにして造っているのかを知る機会でもあります。

 

 

・大事なことは構造材はどんなものを使っているのか。

 

・構造材の強さはどうか。

 

・壁の中や床下はどのように造られているか。

 

 

んなもん、難しくてわかるかいっ(笑)、ですよね。

 

 

専門的知識なんてなくても、実際に自分の目で見るだけで、家づくりの参考になるかと思います。

 

 

 

2018-04-24 15.12.53 1524808891229

 

 

 

なんか太い柱と梁がひときわ目立ってて、木の造形が力強そうで、迫力あるなぁ、とか、

 

柱と梁ががっちり組み合って屋根がかぶせられている、これぞ日本家屋かぁ、とか、

 

この材料は好きか嫌いか、とか、ね。

 

 

がんがん営業しまくって、やたらめったら売りまくろうなんて考えている工務店ではありません。地域で適正規模の範囲で正直な施工をしている地場の工務店です。

 

 

ご興味ございましたら、お立ち寄りくださいませ。藤井が会場でお待ちしております。

 

 

会場住所:行田市真名板1662‐1 行田市立太田東小の裏です。

迷ったら、TELください。048-520-1522 

 

 

 

 

最後になりましたが、会場を快くお貸しくださったお施主さまにこころより御礼申し上げます。

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

勾配天井だぞっ

(2か月前) 大きな縁側と薪ストーブのある平屋 コメント(2)

 

“大きな縁側と薪ストーブのある平屋”からです。

 

 

ワンフロアの広いLDKにそびえ建つ丸太柱は、すまいの中心的存在です。

 

 

梁・柱の力強さを、ビシビシ感じる躯体です。

 

 

2018-04-21 14.02.23 

 

 

↓屋根の組み方がそのまま見える勾配天井になります。

 

 

1524203568797 2018-04-21 14.03.10

 

 

 

2018-04-28 10.13.03 

 

 

↓日本には昔から縁側の文化がありますが、大きな縁側を計画。ここも斜天井。

 

2018-04-26 18.12.19

 

 

お施主さまは建築士の資格をお持ちで、自らお考えになったプランが立体として建ち上がったあと、

 

『毎日家の進み具合を見にいってるのですがヤバいです!!! 

すでに寝袋持って引っ越したいです・・・!!

サッシが入ったらお泊りしてるかもしれません!!』byお施主さま

 

 

筆者もこの構造美はヤバいと思います・笑

 

 

 

無邪気に(失礼)喜んでくださっているご様子に、施工者側はパワーがもらえています。

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(2)

煙突あらわる

(3か月前) 大きな縁側と薪ストーブのある平屋 コメント(2)

 

地鎮祭で虹の祝福を受けた“大きな縁側と薪ストーブのある平屋”、上棟から程なくして、瓦葺き工事。屋根工事はお施主さまのご親戚が来てくださってます。

 

 

ナチュラルカラーの三州瓦です。

 

1524808864601  1524808891229

 

 

 

↓屋根からニョキっと延びているのが、薪ストーブの煙突です。

 

1524713642948

 

 

煙突の雨仕舞はとっても重要。

 

 

↓屋根の上では、絶対に雨漏りはさせてはならないぞっという強い意気込みの、屋根やさん、板金やさん、築地で雨仕舞の施工について三者会談が繰り広げられています。

 

1524808906977

 

 

現場で施工実績の豊富な経験を積み重ねてきている職人さんたちが、難しそうな顔して、知恵の出し合いです。

 

 

わたしたちはなんでもインターネットで調べます、が、現場の職人さんたちはわたしたちがインターネットでは知り得ない情報をたくさん持っているんです。

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(2)

上棟式/男の背中が語る

(3か月前) 大きな縁側と薪ストーブのある平屋 コメント(2)

 

木の家だぞってことを象徴するかのような、堂々とした丸太の大黒柱と、大きな梁の“縁側と薪ストーブのある平屋”です。

 

 

上棟は大人数で一気に作業を進めるので、たった一日で夕方には家の骨格ができあがり、朝とはまるで違う姿になりました。

 

2018-04-18 16.48.12  2018-04-18 15.36.28

 

 

お日様が西に傾きかけ、作業に区切りがついたころ合いで、幣串が棟の頂に飾り立てて祭壇をしつらえます。

 

2018-04-18 17.02.32 2018-04-18 17.05.19 

 

 

↓上棟式に向けて『地の家半纏(注)』を、お施主さまが羽織られます。

 

「どう?」「うん、いいね、写真におさめときましょうね。」「後ろもね。」

 

2018-04-18 17.56.07 2018-04-18 17.56.01

 

 

↓職人さんたちと一緒に、屋根の上に登っていかれます。

 

 

2018-04-18 17.46.34 2018-04-18 17.47.01

2018-04-18 17.47.05

 

 

↓無事に棟上げが終わったことへの感謝と、滞りのない建物の完成を願い、末長い幸せと繁栄を、神を祀り、祈ります。

 

2018-04-18 17.50.29

 

 

 

↓屋上から、東西南北へ酒・米・塩を散じ清めます。

 

2018-04-18 17.52.15 2018-04-18 17.52.09

 

 

↓お揃いの『地の家半纏(注)』

 

住み手と作り手が、つくる喜びを分かち合い信頼し合う背中。

 

2018-04-18 17.54.00 2018-04-18 17.54.03

 

 

↓締めくくりにお施主さまからご挨拶を頂戴し、セナ(愛犬)も車の窓からちょこんと顔を出して、職人さんにご挨拶。

2018-04-18 18.08.46

 

 

後日、お施主さまから上棟式のご感想をいただきました。

 

「最後、職人さんのご配慮で屋根まで上らさせていただきました。

棟梁と職人さんとの上棟の儀は、最高の気分を味わうことができました。

生涯の思い出です!妻・両親とも本当に喜んでおりました。」

 

 

わたしどももうれしさをかみしめた、建築の大きな節目の1日でした。

 

 

 

注:地の家袢纏とは、地域の住まいは地域の工務店が造り、家がある限り地域の工務店が家守りをしていくことを、全国の工務店がネットワークを組んで啓蒙活動をしています。上棟の儀では、その心構えをお誓いするため、揃いの袢纏でお施主さまとお祝いをします。

 

「地の家」というのは、「地酒」「地鳥」「地魚」みたいな・・。

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(2)

築地住建

資料請求

PAGE TOP