築地住建のブログ『小さな工務店のスタッフのポケット』

セルロースファイバー断熱材を施工

(6年前) 春日部K様邸 コメント(0)

↓画像でも見られるように、非常にほこりが舞っている春日部現場からです。

 

ほこりっぽいのは、

壁・天井にセルロースファイバー(主な原料であるパルプや古紙を綿状にしたもの)を、吹き込み作業をした後だからです。

 

床断熱施工に続いて、同じように白いシートを張って、このシートの中にホースの先端を差し込んで吹き込みます。

 

P1000212 P1000216

P1000217 P1000214

 

↓ホースを差し込んだ穴のあとから、セルロースファイバーが少し顔をのぞかせています。

 

P1000218

 

ホウ酸を混ぜることによって防火性を確保しているのですが、

このホウ酸処理がされていることで、ゴキブリやねずみ、その他の虫が近寄れないので、

家の取り壊しまで見かけることがないし、繁殖もしないそうです。(・・ホンマに?)

 

できればゴキちゃんとは遭遇したくないですから、うれしいことです。セルロース断熱でゴキちゃんさよならです。

 

断熱材を選ぶときは、使う量が多いいので価格のことやら、家を長持ちさせるためのことやら、人体や環境の負荷が少なくなることにも考慮したいですね。

 

ブログ村・熊谷市(熊谷情報)/自然素材(工務店)クリックお願いします。
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ


コメントする

築地住建

資料請求

PAGE TOP