築地住建のブログ『小さな工務店のスタッフのポケット』

所蔵1000冊はここに

(4日前) 家庭菜園を楽しむ住まい コメント(0)

 

“家庭菜園を楽しむ住まい”、おうちの中で一番の気持ちよ~い部屋は

 

 

↓2階、ロフト付き12帖の部屋です。なんといっても開放感があります。

 

ロフト?上には何があるの?、興味をそそられ遊びごころが刺激されて、登らずにはいられません。

 

IMG_1544 IMG_1524

 

IMG_1519

 

 

 

 

↓ロフトは4帖あります。

 

ここから下を見下ろすのもまた爽快。

 

所蔵していらっしゃるマンガ1000冊を納めるための、壁一面の棚を造作します。圧巻です。

 

思う存分好きなことができるマンガスペース、いっぱい満喫なさってください。

 

IMG_1533 IMG_1531

 

来月開催のお家の発表会で、是非爽快感ウオッチしてみてください。

 

 

おうちの発表会の日時:5月18日(土)・19日(日)AM9時~PM5時

おうちの発表会の場所:鴻巣市北新宿永勝寺さん(1114番地)の駐車場の道路をはさんだ東です。

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

『発表会』開催します

(1週前) イベント , 家庭菜園を楽しむ住まい コメント(0)

 

 

“家庭菜園を楽しむ住まい”です。

 

 

↓木がそれぞれの力を出し合うことで、住まいを支えているのですが

 

優しい光沢を放っている杉の丸太柱と、家の支えとなる梁が、リビングの木のデザインになっています。

 

 

IMG_3630

 

 

さて、お施主さまのご厚意により『おうちの発表会(完成見学会)』を開催させていただくことになりましたので、ご案内です。

 

 

 

おうちの発表会の日時:5月18日(土)・19日(日)AM9時~PM5時

おうちの発表会の場所:鴻巣市北新宿永勝寺さん(1114番地)の駐車場の道路をはさんだ東です。

 

 

 

いつものお決まり、来場者さまへのプチプレゼントは大工の手造りです。

 

今回の新顔、完成しました。

 

 

 

↓一輪挿し くるくる1号

板をそれぞれくるくるっと回すとデザインが変わります。

 

ひのきで作りました。

 

kurukuru1

 

 

↓一輪挿し“くるくる2号”は杉の御神木で、2Fの部屋のカウンターを造作した、残りの材で作りました。

 

築地曰く「これはものすごく、良い木なんだよ。」と。木の表情が美人顔?イケメン?らしく、一押ししてます。

 

 

kurukuru2

 

 

 

 

住まいに使う代表的な木には、ひのきや杉、米松など、それぞれに性質が違いますが

 

 

桑原さんが“木のクイズ”を作成しています。桑原ワールド、よろしければご覧ください ココ

 

2019-04-16

 

このクイズ、シリーズになるみたいです・笑

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

クリエイティブ部屋

(2週前) 家庭菜園を楽しむ住まい コメント(0)

 

↓1月末に上棟を終えてから、粛々と工事を進めていました“家庭菜園を楽しむ住まい”、5月の完成が見えてきて何かとバタバタとしています。

 

60代前半のご夫婦+お嬢さん、ときどき息子さん家族も一緒、のお住まいです。

 

IMG_3638

 

 

 

↓チェックポイントのひとつ、2Fのロフト付きのお嬢さんの部屋は

 

これから造作工事として、ロフトの手摺、ロフトの壁一面の本棚が出来上がってきます。

 

IMG_3615 

 

 

 

人は天井が高い場所の方が、クリエテイブになるとう研究結果があるとのことを先日教えてもらいました。

     

          

 

↓ロフトのある部屋は勾配天井になっていて、一番高い位置での天井高さが4.4mあります。他はリビングを除いて2.4mですから

 

どんだけクリエイティブやねん、というお部屋です。

 

IMG_3613

 

 

 

 

 

 

1月に華々しくの上棟でしたが、そのハレの前日夕方、明日に向けて必要な道具の準備をしていた大工が収めていた動画です。

 

桑原さんの『明日は上棟で~す』

2019-04-09

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

お受検

(2か月前) 家庭菜園を楽しむ住まい コメント(0)

 

受験生にとっては重圧のかかる受験シーズン、そろそろ終盤でしょうか。

 

 

“家庭菜園を楽しむ住まい”も金物検査を受験、受検します。

 

 

IMG_3552

 

IMG_3554 IMG_3553

 

 

金物検査は上棟後、外部の検査機関による検査で、所定の位置に正しく金物が取付けられているか、筋違が正確に取付けられているかどうかのチェックを受けます。

 

 

住宅瑕疵担履行法に基づいて、義務付けられているもので、工務店もお受検です。

 

 

 

のどかにクリアです。

 

 

IMG_3549 IMG_3546

 

IMG_3522

 

 

長く苦しい受験生活ももう終わり、楽しい春はすぐそこ。。。

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

祝上棟

(2か月前) 家庭菜園を楽しむ住まい コメント(0)

 

↓“家庭菜園を楽しむ住まい”の上棟前日、先行足場が架けてあるものの、まだ柱は1本も建っていない状態からの

 

 

 

IMG_3463

 

 

建て方工事の開始。

ここから一気に家の形が組み上がっていく、建築工事の最高のステージです。

 

 

柱が1本1本と建ち上がっていきます。

 

 

神さまを数える単位は『柱』で、一柱、二柱と数えます。

柱には神が依り代として降臨される場所と言われているそうです。

 

柱はとても神聖です。

 

IMG_3473 IMG_1429 

IMG_1439 IMG_1442

 

 

↓地上3m近くある場所で、わずか10㎝強の巾を、小走りになって作業しているんです。

 

たとえちょこっとはビビりそうになっても、ここは職人の意地と誇りです、とばかりに、桁渡りの様子を撮影したのは、作業中の本人KUWABARAです。

 

ketawatari

 

 

↓リビングの丸太柱

 

IMG_3478

 

 

↓作業が一段落する夕方、屋根の上に塀串を立てます。

 

IMG_3486

 

 

 

 

上棟式は、お施主さまは上に登っていただきます。

 

足元もおぼつかない現場の高い場所、コソッと「やっぱり登らなきゃですかね」とおっしゃるお父さんと、対象的なお嬢さんは非常に身軽にすいすい。

 

 

↓下で写メを撮るお母さんに、身まで乗り出して笑顔のピースが微笑ましい。

 

IMG_1459

 

 

↓お施主様と棟梁、職人がロフトに並んで、二拝二拍手一拝で祈願します。

 

IMG_1453

 

 

↓四方払いです。

 

IMG_3489 IMG_3490

 

 

↓お施主さまのご挨拶と参列者全員で乾杯!

 

IMG_3506

 

 

良き上棟の日、おめでとうございました。

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

地鎮祭

(3か月前) 家庭菜園を楽しむ住まい コメント(0)

 

昨年から鴻巣市北新宿に、建築条件付として売り出していた土地を見染てくださったご家族に出会えました。ご縁に、いっぱいの感謝です。

 

 

看板をご覧になり、桧〇住宅さんと勘違いされてたそうです。(申し訳ありません、桧〇住宅でなくて・・。)

 

IMG_2513 IMG_2512

 

 

 

その後建物のお打ち合わせを進めさせていただいており、12月某日、土地の神様に厳かにご挨拶も済ませ(地鎮祭)、今月上棟です。

 

 

IMG_3223 IMG_3227

 

IMG_3230 IMG_3232

 

IMG_3234 

 

IMG_3237 IMG_3238

 

 

 

 

 

物静かで優しいご主人、男気のある奥様、お嬢様、時々お泊りに来られるご長男家族のための“家庭菜園を楽しむ住まい(仮称)”です。

 

これから職人がひと手間、ふた手間、み手間かけて造る家づくりの、工事はスタートを切っています。

 

 

 

 

 

こちらの土地は築地住建のモデルハウスを建てるために探し当てた敷地でした。

 

 

が、しかし区画整理地内で地区計画があり、モデルハウスは建てられないとな。えっ、マヌケ?ですか?・・・おっしゃる通り(笑)

 

 

諦め、建築条件付売地として売り出していたのでした。

 

 

 

南12m道路と西6m道路の角地で、86.5坪、モデルハウス用地として、最高でしょう!(涙)

 

 

 

いえご主人の家庭菜園を楽しむための敷地として、陽当りも風通しも最高です。収穫されたお野菜はどんなにか新鮮で美味しいことでしょう。

 

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

築地住建

資料請求

PAGE TOP