築地住建のブログ『小さな工務店のスタッフのポケット』

構造見学会開催のご案内

(1日前) イベント , 大きな縁側と薪ストーブのある平屋 コメント(0)

 

 

直前のご案内になってしまい、申し訳ありません。

 

 

藤井さんがフェイスブックで告知しています通り、20日(日)と27日(日)両日共午前10時~12時 午後1時~3時で

 

 

“大きな縁側と薪ストーブのある平屋”において構造見学会を開催します。

 

 

完成見学会はよくいろんな会社がやっていますが、構造の見学会は出来上がってからでは見えなくなる部分を、どのようにして造っているのかを知る機会でもあります。

 

 

・大事なことは構造材はどんなものを使っているのか。

 

・構造材の強さはどうか。

 

・壁の中や床下はどのように造られているか。

 

 

んなもん、難しくてわかるかいっ(笑)、ですよね。

 

 

専門的知識なんてなくても、実際に自分の目で見るだけで、家づくりの参考になるかと思います。

 

 

 

2018-04-24 15.12.53 1524808891229

 

 

 

なんか太い柱と梁がひときわ目立ってて、木の造形が力強そうで、迫力あるなぁ、とか、

 

柱と梁ががっちり組み合って屋根がかぶせられている、これぞ日本家屋かぁ、とか、

 

この材料は好きか嫌いか、とか、ね。

 

 

がんがん営業しまくって、やたらめったら売りまくろうなんて考えている工務店ではありません。地域で適正規模の範囲で正直な施工をしている地場の工務店です。

 

 

ご興味ございましたら、お立ち寄りくださいませ。藤井が会場でお待ちしております。

 

 

会場住所:行田市真名板1662‐1 行田市立太田東小の裏です。

迷ったら、TELください。048-520-1522 

 

 

 

 

最後になりましたが、会場を快くお貸しくださったお施主さまにこころより御礼申し上げます。

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

勾配天井だぞっ

(3日前) 大きな縁側と薪ストーブのある平屋 コメント(2)

 

“大きな縁側と薪ストーブのある平屋”からです。

 

 

ワンフロアの広いLDKにそびえ建つ丸太柱は、すまいの中心的存在です。

 

 

梁・柱の力強さを、ビシビシ感じる躯体です。

 

 

2018-04-21 14.02.23 

 

 

↓屋根の組み方がそのまま見える勾配天井になります。

 

 

1524203568797 2018-04-21 14.03.10

 

 

 

2018-04-28 10.13.03 

 

 

↓日本には昔から縁側の文化がありますが、大きな縁側を計画。ここも斜天井。

 

2018-04-26 18.12.19

 

 

お施主さまは建築士の資格をお持ちで、自らお考えになったプランが立体として建ち上がったあと、

 

『毎日家の進み具合を見にいってるのですがヤバいです!!! 

すでに寝袋持って引っ越したいです・・・!!

サッシが入ったらお泊りしてるかもしれません!!』byお施主さま

 

 

筆者もこの構造美はヤバいと思います・笑

 

 

 

無邪気に(失礼)喜んでくださっているご様子に、施工者側はパワーがもらえています。

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(2)

煙突あらわる

(3週前) 大きな縁側と薪ストーブのある平屋 コメント(2)

 

地鎮祭で虹の祝福を受けた“大きな縁側と薪ストーブのある平屋”、上棟から程なくして、瓦葺き工事。屋根工事はお施主さまのご親戚が来てくださってます。

 

 

ナチュラルカラーの三州瓦です。

 

1524808864601  1524808891229

 

 

 

↓屋根からニョキっと延びているのが、薪ストーブの煙突です。

 

1524713642948

 

 

煙突の雨仕舞はとっても重要。

 

 

↓屋根の上では、絶対に雨漏りはさせてはならないぞっという強い意気込みの、屋根やさん、板金やさん、築地で雨仕舞の施工について三者会談が繰り広げられています。

 

1524808906977

 

 

現場で施工実績の豊富な経験を積み重ねてきている職人さんたちが、難しそうな顔して、知恵の出し合いです。

 

 

わたしたちはなんでもインターネットで調べます、が、現場の職人さんたちはわたしたちがインターネットでは知り得ない情報をたくさん持っているんです。

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(2)

上棟式/男の背中が語る

(4週前) 大きな縁側と薪ストーブのある平屋 コメント(2)

 

木の家だぞってことを象徴するかのような、堂々とした丸太の大黒柱と、大きな梁の“縁側と薪ストーブのある平屋”です。

 

 

上棟は大人数で一気に作業を進めるので、たった一日で夕方には家の骨格ができあがり、朝とはまるで違う姿になりました。

 

2018-04-18 16.48.12  2018-04-18 15.36.28

 

 

お日様が西に傾きかけ、作業に区切りがついたころ合いで、幣串が棟の頂に飾り立てて祭壇をしつらえます。

 

2018-04-18 17.02.32 2018-04-18 17.05.19 

 

 

↓上棟式に向けて『地の家半纏(注)』を、お施主さまが羽織られます。

 

「どう?」「うん、いいね、写真におさめときましょうね。」「後ろもね。」

 

2018-04-18 17.56.07 2018-04-18 17.56.01

 

 

↓職人さんたちと一緒に、屋根の上に登っていかれます。

 

 

2018-04-18 17.46.34 2018-04-18 17.47.01

2018-04-18 17.47.05

 

 

↓無事に棟上げが終わったことへの感謝と、滞りのない建物の完成を願い、末長い幸せと繁栄を、神を祀り、祈ります。

 

2018-04-18 17.50.29

 

 

 

↓屋上から、東西南北へ酒・米・塩を散じ清めます。

 

2018-04-18 17.52.15 2018-04-18 17.52.09

 

 

↓お揃いの『地の家半纏(注)』

 

住み手と作り手が、つくる喜びを分かち合い信頼し合う背中。

 

2018-04-18 17.54.00 2018-04-18 17.54.03

 

 

↓締めくくりにお施主さまからご挨拶を頂戴し、セナ(愛犬)も車の窓からちょこんと顔を出して、職人さんにご挨拶。

2018-04-18 18.08.46

 

 

後日、お施主さまから上棟式のご感想をいただきました。

 

「最後、職人さんのご配慮で屋根まで上らさせていただきました。

棟梁と職人さんとの上棟の儀は、最高の気分を味わうことができました。

生涯の思い出です!妻・両親とも本当に喜んでおりました。」

 

 

わたしどももうれしさをかみしめた、建築の大きな節目の1日でした。

 

 

 

注:地の家袢纏とは、地域の住まいは地域の工務店が造り、家がある限り地域の工務店が家守りをしていくことを、全国の工務店がネットワークを組んで啓蒙活動をしています。上棟の儀では、その心構えをお誓いするため、揃いの袢纏でお施主さまとお祝いをします。

 

「地の家」というのは、「地酒」「地鳥」「地魚」みたいな・・。

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(2)

祝上棟

(1か月前) 大きな縁側と薪ストーブのある平屋 コメント(2)

 

午後から雨もあがり

 

2018-04-18 12.32.51

 

 

きれいな青空のもと、みんなでキャンプ

 

 

 

2018-04-18 14.39.39 2018-04-18 14.59.44

 

2018-04-18 14.58.35 2018-04-18 14.41.03

 

2018-04-18 15.17.04 

 

 

 

みたいに見えますが・・・

 

 

 

 

 

 

このように職人さんたちのお茶のお世話をしてくださっているお施主さまです。お施主さまと職人さん、気持ちを一緒に家づくりです。

 

 

2018-04-18 15.23.58

 

 

 

↓楽しそうに上棟の様子を見守ってくださっているご様子が、わたしたちもうれしいです。

2018-04-18 15.20.46 

 

2018-04-18 15.27.07

 

 

 

 

↓クレーンで部材を吊り上げ、職人の手でどんどん木組みされていく工程は、おもしろくて迫力あって感動です。

 

 

作業は、全作業に神経を投入です。

 

2018-04-18 08.59.16 2018-04-18 09.19.57

 

2018-04-18 09.34.52 2018-04-18 09.05.18  

 

 

2018-04-18 10.01.08 2018-04-18 14.05.22

 

お施主さまがこの日の感想を寄せてくださいました。

「職人さんの立ち振る舞う姿に、本当に感動いたしました。凄いかっこよかったです!」

 

 

同感です。

 

 

 

この日の職人さんの仕事っぷりはかっこいいのです!

 

2018-04-18 14.27.18 2018-04-18 13.59.48

 

2018-04-18 14.15.02 2018-04-18 13.53.51

 

ものづくりの魂はここにあり、の、現場です。

 

 

上棟おめでとうございました。

 

 

地鎮祭最中に虹がかかった“大きな縁側と薪ストーブのある平屋のすまい”の上棟です。次回は上棟式です。

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(2)

外観が現れました

(1か月前) IRUMAの家 コメント(0)

 

 

 

↓工事中の大きな節目のひとつ、外部足場が解体された“IRUMAの家”です。

 

 

1523323939972

 

 

ここから佳境に入り、現場はクロスやさん、左官やさん、電気屋さん、設備屋さん、タイルやさん、建具やさん、畳やさん、カーテンやさんと多職の職人さんたちの出入りでにぎやかになります。

 

 

 

↓工事中の最後の節目は養生を外すときです。渡邉大工のここまでするかの鬼の養生で、しっかり守られていたムク材たちが日の光を見るときです。

 

 

 

1523323907891

 

 

養生撤去はドキドキ。傷ついていないかなぁ、大丈夫かなぁと。

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

上棟まで一連の工事

(1か月前) 大きな縁側と薪ストーブのある平屋 コメント(2)

 

 

虹のかかった地鎮祭から程なくして、着工しています“大きな縁側と薪ストーブのある平屋の住まい”です。in行田市。

 

 

もうすぐ上棟を迎えますが、時計の針を巻き戻して工事を振り返ります。(お施主さまへのご報告も含めまして。。。)

 

 

↓まずは地盤の調査から

 

2018-03-03 09.10.23

 

 

↓調査結果に基づき地盤補強工事(柱状改良)で地耐力を得、がっちり足固め。

 

1520816068102 1520645824670 (003)

 

 

↓水盛り・やり方。 工事のスタートを切った記念日

 

1521250578227

 

 

↓根切工事

 

2018-03-23 14.25.30

 

 

↓基礎を定着させるための砕石敷き。

 

2018-03-23 15.20.53

 

 

↓防湿フイルムを張って

 

2018-03-24 13.44.42

 

 

↓その周囲に捨てコンを打ち

 

2018-03-24 14.52.16

 

 

↓配筋

 

2018-03-28 16.15.34 2018-03-28 10.37.47

 

第三者機関による配筋検査を受け、パスしてから

 

 

↓生コンクリートを打設

 

1522284810427

 

 

↓表面をきれいに均します。

 

2018-03-29 11.21.40

 

 

↓養生期間を置き、コンクリートが硬化したら

 

2018-03-30 08.59.37

 

 

↓縦筋の型枠を組んでいきます。

 

2018-03-30 13.29.59

 

 

↓ここにまた2回目の生コンクリートの打ち込み

 

2018-03-31 10.12.38 2018-03-31 09.30.47

 

 

↓生まれたてのなんと美しい姿のコンクリート基礎、の完成。

 

鬼軍曹築地のチェック。

 

2018-04-09 09.32.18

 

 

↓玄関土間のコンクリート打設。

 

2018-04-04 13.27.14

 

 

↓水道引き込み工事。掘って掘ってまた掘る。

 

2018-04-03 13.46.21 2018-04-03 13.46.03

2018-04-09 09.34.04

 

 

↓基礎に設けた丸型換気口からは多くの風が通り抜けていきますので、木材がいつもさわやかで、気持ちよくいてくれます。

 

2018-04-03 13.44.58

 

 

基礎工事に携わった職人さんたちが、上棟では高い梁の上や屋根の上で、花形となって活躍してくれます。築地住建の大工と一緒に。

 

 

次回は土台敷き、建て方準備です。

 

 

 

ブログ長すぎっ(>_<)、最後までスクロールしてくださってありがとうございました。<(_ _*)>

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(2)

工事の進捗

(2か月前) IRUMAの家 コメント(0)

 

 

“IRUMAの家”、そろそろゴールが見えてくるようになってきました。来月お引渡しです。

 

2018-03-25 14.42.05

 

 

↓工事の進み具合が目に見えてわかり、「ここができてた。」「これが取付けてある。」と、お施主さまも現場に来られる度に、新しい発見を見つけていらっしゃるのではないでしょうか。

 

例えば大工の腕が存分にふるえる真壁和室。ここから10日ほどで

 

2018-03-17 15.41.59

 

2018-03-25 14.05.42

 

 

↓このような仕上がり

 

2018-03-29 14.35.14

 

 

↓これからは和室の京壁を塗ったり、珪藻土クロスを貼ったり、器具付けをしたりと、仕上げの段階に入ります。

 

2018-03-29 14.34.15

 

木の家はなんとなく落ち着くとはよく言いますが、主観的な感覚だけではなくて、人間のストレスをいやす効果があることを科学的にも証明されているそうです。農林水産省 森林総合研究所 生物活性物質研究室長 宮崎良文らの論文 読んでないですが・・。苦笑

 

 

木はみ~んながス木(好き) (・・。)ゞ

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

虹がかかった地鎮祭

(2か月前) 大きな縁側と薪ストーブのある平屋 コメント(2)

 

 

かねてからお打合せを重ねておりました“薪ストーブと縁側のある平屋建“、工事のスタートを切る前に、土地の神様にご挨拶させていただきます。

 

 

 

南面に大きな縁側、22.5帖のLDKは勾配天井でアイランドキッチンに薪ストーブ、と、盛りだくさんの楽しいプランは、ご主人自ら設計されました。他にもオリジナルの素敵なしかけがあります・・。

 

 

 

 

 

 

↓竹のなびきっぷりからも想像できますように、強風と小雨と寒さで参列者の顏が引きつりぎみで、儀式は進んでいきます。

 

 

 

2018-03-01 09.27.00 2018-03-01 09.28.28

 

 

↓お施主さまが、かりそめの儀とうがちぞめの儀を為されます。

 

 

2018-03-01 09.37.25 2018-03-01 09.37.47

 

 

↓祭壇に玉串を捧げます。

 

 

2018-03-01 09.38.47 

 

 

↓愛犬もぴったり一緒です。お顔見えてないですが。

 

2018-03-01 09.39.40

 

 

↓一同お神酒で乾杯と、

 

2018-03-01 09.46.31

 

 

 

↓ご夫婦で四隅のお浄めです。

 

2018-03-01 09.48.18 2018-03-01 09.48.24

 

 

小雨から本降りになり、全員ビショビショで強風と寒さにやられました。お施主さま後日談では「あの悪天候では笑けるしかなかったです・笑」

 

 

 

と、ここからです。

 

 

 

 

↓式典の最中、空が急に明るくなり、祭壇の真正面に虹がかかったのです。

 

1519865622263

 

 

まるで映画のワンシーンのようにドラマチックな演出が待っていました。映画ならここで音楽がドドーンと響き、最高潮の場面?

 

 

 

 

「天に祝福されているようで、一生心に残る地鎮祭となりました。」byお施主さま

 

 

 

私共も、お施主さまのおかげで天からの贈り物をいただき、こころがあたたか~くなりました。

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(2)

大工の仕事

(3か月前) IRUMAの家 コメント(0)

 

『IRUMAの家』の現場です。上棟後粛々を工事は進められています。

 

 

 

絵柄的にはジミです。が、ジミでどこが進んでいるかわからないようなときこそ、重要な作業を重ねています。

 

 

 

1月に撮影した画像ですが・・。(ブログで紹介するの、おっそ)

 

2018-01-29 14.25.44 2018-02-01 09.09.21

 

2018-02-03 09.27.17 2018-02-03 11.37.54

 

2018-02-03 11.38.05 2018-02-03 12.48.45

 

2018-02-07 09.28.42

 

 

 

ナベさんの仕事振りを知っている職人さんたちが口を揃えて言います。「ナベさんは現場をいつもきれいにしている。車の中もきれいだもんな。」

 

 

 

 

『現場がきれいな大工は仕事も早くてきれい』、というのはよく耳にします。

 

 

 

 

 

 

 

筆者の机の上と引出しの中はごちゃごちゃです。だめじゃんそれじゃ(^^ゞ

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

築地住建

資料請求

PAGE TOP