築地住建のブログ『小さな工務店のスタッフのポケット』

お受検

(3週前) 家庭菜園を楽しむ住まい コメント(0)

 

受験生にとっては重圧のかかる受験シーズン、そろそろ終盤でしょうか。

 

 

“家庭菜園を楽しむ住まい”も金物検査を受験、受検します。

 

 

IMG_3552

 

IMG_3554 IMG_3553

 

 

金物検査は上棟後、外部の検査機関による検査で、所定の位置に正しく金物が取付けられているか、筋違が正確に取付けられているかどうかのチェックを受けます。

 

 

住宅瑕疵担履行法に基づいて、義務付けられているもので、工務店もお受検です。

 

 

 

のどかにクリアです。

 

 

IMG_3549 IMG_3546

 

IMG_3522

 

 

長く苦しい受験生活ももう終わり、楽しい春はすぐそこ。。。

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

祝上棟

(4週前) 家庭菜園を楽しむ住まい コメント(0)

 

↓“家庭菜園を楽しむ住まい”の上棟前日、先行足場が架けてあるものの、まだ柱は1本も建っていない状態からの

 

 

 

IMG_3463

 

 

建て方工事の開始。

ここから一気に家の形が組み上がっていく、建築工事の最高のステージです。

 

 

柱が1本1本と建ち上がっていきます。

 

 

神さまを数える単位は『柱』で、一柱、二柱と数えます。

柱には神が依り代として降臨される場所と言われているそうです。

 

柱はとても神聖です。

 

IMG_3473 IMG_1429 

IMG_1439 IMG_1442

 

 

↓地上3m近くある場所で、わずか10㎝強の巾を、小走りになって作業しているんです。

 

たとえちょこっとはビビりそうになっても、ここは職人の意地と誇りです、とばかりに、桁渡りの様子を撮影したのは、作業中の本人KUWABARAです。

 

ketawatari

 

 

↓リビングの丸太柱

 

IMG_3478

 

 

↓作業が一段落する夕方、屋根の上に塀串を立てます。

 

IMG_3486

 

 

 

 

上棟式は、お施主さまは上に登っていただきます。

 

足元もおぼつかない現場の高い場所、コソッと「やっぱり登らなきゃですかね」とおっしゃるお父さんと、対象的なお嬢さんは非常に身軽にすいすい。

 

 

↓下で写メを撮るお母さんに、身まで乗り出して笑顔のピースが微笑ましい。

 

IMG_1459

 

 

↓お施主様と棟梁、職人がロフトに並んで、二拝二拍手一拝で祈願します。

 

IMG_1453

 

 

↓四方払いです。

 

IMG_3489 IMG_3490

 

 

↓お施主さまのご挨拶と参列者全員で乾杯!

 

IMG_3506

 

 

良き上棟の日、おめでとうございました。

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

地鎮祭

(2か月前) 家庭菜園を楽しむ住まい コメント(0)

 

昨年から鴻巣市北新宿に、建築条件付として売り出していた土地を見染てくださったご家族に出会えました。ご縁に、いっぱいの感謝です。

 

 

看板をご覧になり、桧〇住宅さんと勘違いされてたそうです。(申し訳ありません、桧〇住宅でなくて・・。)

 

IMG_2513 IMG_2512

 

 

 

その後建物のお打ち合わせを進めさせていただいており、12月某日、土地の神様に厳かにご挨拶も済ませ(地鎮祭)、今月上棟です。

 

 

IMG_3223 IMG_3227

 

IMG_3230 IMG_3232

 

IMG_3234 

 

IMG_3237 IMG_3238

 

 

 

 

 

物静かで優しいご主人、男気のある奥様、お嬢様、時々お泊りに来られるご長男家族のための“家庭菜園を楽しむ住まい(仮称)”です。

 

これから職人がひと手間、ふた手間、み手間かけて造る家づくりの、工事はスタートを切っています。

 

 

 

 

 

こちらの土地は築地住建のモデルハウスを建てるために探し当てた敷地でした。

 

 

が、しかし区画整理地内で地区計画があり、モデルハウスは建てられないとな。えっ、マヌケ?ですか?・・・おっしゃる通り(笑)

 

 

諦め、建築条件付売地として売り出していたのでした。

 

 

 

南12m道路と西6m道路の角地で、86.5坪、モデルハウス用地として、最高でしょう!(涙)

 

 

 

いえご主人の家庭菜園を楽しむための敷地として、陽当りも風通しも最高です。収穫されたお野菜はどんなにか新鮮で美味しいことでしょう。

 

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

ワンオーナーのためだけのオリジナル金具

(2か月前) Otaの家 コメント(2)

 

 

昨年お引渡しを終えている“Otaの家”です。

 

2Fのフリースペースに、ハンモックを吊るすための金具を取り付けるというのを、宿題とさせていただいておりました。

 

 

その金具を探すも、適当なのが見つからなくて困るばかりで時間が過ぎていくなか

 

 

そうだ!“大きな縁側と薪ストーブのある平家”のお施主さまでもある、渡辺金属さんに相談してみよう!となりました。

 

 

 

 

快くお引き受けくださり(もっと早く気づけばよかった・・)、塗装もできるとのこと。

 

 

 

2Fはホワイトがテーマ(サッシ・室内建具がホワイト)のY様邸、ホワイトをご希望されました。

 

 

↓お好きな方を選んでもらってくださいと、ビス止めタイプとボルト止めタイプのものが。

出来上がってきたものがこちら。

 

IMG_3353 IMG_3352

 

 

金具って接合とか補強とかの重要なお役目だけど完全に裏方さん、という乏しい認識しかなかったので・・・、溜息出ました。

 

 

えっ?金具ってこんなに美しいものだったの?と、ひれ伏したくなりました。

 

 

↓お部屋に合った優しいインテリアになり、Y様にも喜んでいただけました。

 

IMG_3399

 

 

 

金具がオリジナルのデザインで造れる装飾品だってこと、遅まきながら知りました。

 

 

 

金属のことは何なりとお気軽にご相談ください、渡辺金属さんに。

 

 

どのようなご要望でも、涼しい顔してサクッと(実際には高度な技術力と感性あってのこと)造り込んでくださいます。頼もしいです。

 

 

 

渡邉金属工業株式会社(金属製・建具・設計・製造販売)

行田市真名板2207-3

TEL 048-559-3214

 

 

 

 

 

ハンモック金具はYさんへの新築のお祝いにさせてくださいと渡邉さんからの申しれにより、プレゼントという素敵なお計らいとなりました。お施主さま同志つながってくださるのがうれしいです。

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(2)

完成写真

(3か月前) Otaの家 コメント(0)

 

引き続き“Otaの家”です。

 

ならではの楽しい仕掛けが随所にあります。

 

 

↓1Fトイレ 

 

2018-11-22 13.55.48 

 

 

↓2Fトイレは一面チューリップ畑になっとります。

 

2018-11-22 14.27.50

 

 

↓玄関土間収納入口脇の壁にキーBOX

 

2018-11-22 14.03.03

 

 

↓土間収納内部はたっぷりな棚と

 

2018-11-22 14.12.12

 

 

↓反対側の壁にはコートハンガーパイプを渡し

 

2018-11-22 14.39.07 

 

 

↓他にもパイプ。

傘を掛けたり、S字フックを使ってなんでもぶら下げ収納ができそうです。

無粋なパイプも、受け材の木を大工の手で造る部材が入ると優しい表情が生まれます。

 

2018-11-22 14.39.22

コンパクトでも収納や機能性が揃っている土間収納です。

 

 

 

↓広めな洗面脱衣室は、清潔そうな真っ白の棚。

 

タオルや衣類を収納するのに十分。

大きな窓は通期もよく明るい。

洗面・脱衣室に必要な要素が抑えられています。

 

2018-11-22 14.21.45 2018-11-22 13.54.34

 

 

↓造作した飾り棚に、カウンター、下にも棚で2層。

 

リビングに続く和室。赤ちゃんをねんねさせながら、畳でゴロ寝もできそう。

 

2018-11-22 13.51.16 2018-11-22 13.50.19

 

 

2018-11-22 13.58.00 2018-11-22 13.59.05

 

 

↓2F、5.6帖のフリースペース。梁にハンモックを吊り下げるのですが、ハンモックを吊るす金具を見つけることが、築地住建の目下の宿題になっています。お引渡しまでに間に合わなかった・・。

 

南のバルコニー側に室内物干しを仕込んでいます。

 

2018-11-22 14.33.28

 

 

↓子供部屋。将来仕切って2部屋になるよう、扉が2箇所。仕切りが必要になるまでは広々使えます。

 

2Fは全てサッシ、建具、クロスを白。これから家具や小物の色物がプラスされると、どんなに映えることでしょう。

 

2018-11-22 14.51.41

 

 

お施主さまはお引越しがお済みなったそうで、外では、外構工事作業中。まだ工事は進んでいます。

 

 

「アパートは寒かったので、今年の冬はあたたかく過ごせるのでうれしいです。」という奥様でした。

 

 

ひとつとして同じ敷地はないし、ひとつとして同じ住まいはありません。家族の分だけ住まいがあり、いろんな家族の背景にいて家守りをしていきます。

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

お引渡し

(4か月前) Otaの家 コメント(0)

 

 

 

Y様邸“otaの家”お引渡しでした。

 

 

お二人で本キーを挿していただきます。

 

 

IMG_3120

 

 

笑顔に打たれます。この笑顔がわたしたちの活力です。

 

 

 

 

お打ち合わせからのお二人の会話は楽しくテンポよくノリよくで、Y様ワールドにこちらが楽しませてもらっていました。

 

 

 

来年はもう一人増えます。ベビー誕生ですね。完成したばかりの家も家族を迎えられることを喜んでいます。

 

 

 

↓では本番「じゃあ開けるね~。」「は~い。」ガチャッ、の瞬間

 

IMG_3123

 

 

↓「じゃぁ、下の鍵穴は〇〇(奥様のお名前)さんどうぞ。」(ご主人)

 

IMG_3126

 

 

これで今まで使っていた工事用キーは使用できなくなります。

 

 

お施主さまと施工者のターニングポイント、記念日となった日でした。

 

 

 

 

 

↓外観は木の家だぞ!ということを、軒天に張った木や母屋現しで控え目に主張しています。

 

2018-11-22 15.12.33 2018-11-22 14.44.59

 

2018-11-22 14.41.50

 

 

↓玄関を入り、リビングと和室

 

2018-11-22 14.14.54 2018-11-22 13.51.16

 

 

↓タイル貼りがス・テ・キポイントのキッチン

 

2018-11-22 13.52.27 

 

 

つ・づ・く・・・

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

バラ色状態

(6か月前) Otaの家 コメント(0)

 

粛々と作業を進めています“Otaの家”です。

 

 

明るく潔いホワイトカラーの外観に

 

DSC_0162

 

 

 

ピンク色に染まっている室内。

 

無骨な現場を和らげるための目の保養?((-_-。)(。-_-))イエイエ

 

DSC_0151  DSC_0155

 

 

これは、ホルモアルデヒド(シックハウス症候群の原因物質)を吸着、分解するという性能を持っている、石膏ボードを貼っています。なぜだかピンク色。

 

 

仕上げ工事の前の、一時的なバラ色状態です。

 

 

人の体に優しい天然ムク材で造っているので、有害物質の心配は少ないですが、その他建材や、後から購入される家具等に含まれていた場合も安心です。

 

 

 

 

↓玄関入って、右手に設けられた土間収納

 

DSC_0150 

 

 

↓パントリー

 

DSC_0153

 

 

↓2階の子供部屋。将来仕切ることも想定した、可変性のある部屋。

 

DSC_0159

 

 

家を造るとき、お施主さまはたくさんのことを決定しなければいけなくて、迷うことも多いと思います。こちらは設計を長年お仕事にされているお母様が、娘さんご夫婦のために、希望や生活スタイルに合うようプランされました。お母様が心強いアドバイザーです。

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

祝上棟

(6か月前) Otaの家 コメント(0)

 

 

おてんとさんにも励まされ暑い“Otaの家”上棟の日、ようやく陽が西に落ちてきた頃

 

2018-08-09 16.08.55

 

 

 

↓棟に塀串を立てて上棟式の準備です。簡略ですが、大切なお住まい建築に際し、建物に災禍が起こることなく、末永い幸せと繁栄を念願します。

 

 

 

壁がピンク色なのは、断熱材(硬質吹付ウレタン60㎜)です。あらかじめ工場で壁パネルに吹付られて現場に搬入されてきます。

 

 

ちゃんと日本の伝統技術を守りながらも、効率的なパネル工法です。

 

 

2018-08-09 16.22.29

 

 

 

↓ご主人さまは、職人さんとお揃いの『地の家半纏(注)』を着用していただき、職人さんたちと一緒に

 

 

2018-08-09 17.08.29 2018-08-09 17.08.01

 

 

 

↓屋根の上。

 

2018-08-09 17.13.39

 

 

 

↓四方固めの儀。ご主人が屋上から建物の4隅にお米を撒いてお清めです。

 

 

当初冗談めかして見せられていた、屋根の上に上るんかい(実際にはこんなことおっしゃいません)、という少しの躊躇などどっかに置いてきた?ような、この清々しい決め姿!

 

 

2018-08-09 17.16.01 2018-08-09 17.15.30

2018-08-09 17.16.14

 

 

 

2018-08-09 17.17.17 2018-08-09 17.18.33

 

 

 

 

 

↓晴れ晴れしく地面に降り着き、記念撮影と

 

2018-08-09 17.22.39 

 

 

 

↓奥様も地の家半纏を羽織っていただき、記念のショットです。

 

2018-08-09 17.23.32

 

 

 

 

 

建築工事中の大きなけじめでした。おめでとうございます。

 

 

 

 

注:地の家袢纏とは、地域の住まいは地域の工務店が造り、家がある限り地域の工務店が家守りをしていくことを、全国の工務店がネットワークを組んで啓蒙活動をしています。上棟の儀では、その心構えをお誓いするため、お揃いの袢纏でお施主さまとお祝いをします。

 

「地の家」というのは、「地酒」「地鳥」「地魚」みたいな・・。

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

建て方

(7か月前) Otaの家 コメント(0)

 

“Otaの家”上棟に向けた建て方工事です。

 

 

夢ハウス仕様のパネル工法で、建てています。

 

 

 

 

↓1階の柱を建て、その柱と柱の間に、耐震壁パネルを立てていきます。パネルは柱と一体化された壁となります。縦横に繋ぎ合わさっていき、剛床とも繋がれているので、大きな箱型が形成されます。

 

 

これが地震の左右上下の力に対して、力を発揮し強い家になってくれます。

 

 

 

 

IMG_2770

 

 

 

↓梁を掛け2階の大引きと床合板敷き込みが終わり、2階の柱建へと作業は進んでいきます。

 

 

 

 

IMG_2766

 

 

↓内部は仮筋違いで固定。

 

IMG_2769 2018-08-09 16.13.03

 

 

 

OB施主さま方によると、工事中印象に残ったことで多かったのが、上棟のことでした。

 

 

職人さんたちのたくさんの手で、家の形が出来上がっていくというこのダイナミックさを目の前にすると、感動メーターが振り切れそうになります。工事中こころに残るシーンの代表場面です。

 

 

 

 

 

次回は上棟式。

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

完成写真

(7か月前) 大きな縁側と薪ストーブのある平屋 コメント(4)

 

“大きな縁側と薪ストーブのある平屋”の完成写真です。

 

 

↓水田の緑に浮かぶように佇むお住まいです。秋には黄金色の稲穂となります。

 

20180730 (6) 

 

20180730 (3)

 

20180730 (10) 20180730 (15)

 

20180730 (22) 20180730 (26)

 

20180730 (18) 20180730 (40)

 

20180730 (43) 20180730 (44) 

 

20180730 (48) 20180730 (50)

 

20180730 (32) 20180730 (36)

 

20180730 (39) 20180730 (41)

 

20180730 (35) 20180730 (47)

 

20180730_sub (1) 20180730_sub (4)

 

20180730_sub (5) 20180730_sub (6)

 

お施主さまのブログに、敷地探しの紆余曲折のこと、築地住建との出会いの経緯等を書いていらっしゃいます。

 

 

 

内容は、以前おうかがいしたものでしたが、あらためて感慨深く読ませていただきました。(家族会議の様子が微笑ましい・・)

 

 

 

たくさんのこだわりを持たれたお住まいでした。こだわりは人生を楽しく豊かにするってことを、お施主さまから教えていただいた気がします。工事中、お施主さまから出された宿題をこなしていくこと(お施主さまからのご相談やご提案に、社内であ~だこ~だ検討)、振り返り楽しい思い出です。

 

 

 

幸せな時間がゆっくり流れますように。。。

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(4)

築地住建

資料請求

PAGE TOP