築地住建のブログ『小さな工務店のスタッフのポケット』

築地住建の事件簿

(2週前) スタッフの日記 コメント(0)

 

 

↓4月に入社した中村さんは、築地のヒザの具合が悪いと聞けば、1日の仕事を終えて現場から帰って毎日のように、築地にマッサージをしていました。

 

 

 

 

中村さん大学では医療系の学部で、整体師を目指していたそうで・・。

 

 

 

↓さて、その中村さんにとある日、悲劇が襲った事件現場です。

 

1593246983545

 

 

↓階段の下で作業していた中村さん

 

1593246829094

 

 

この後、2階の階上で壁の納まりをチェックしていた築地が、突然足を踏み外して階段を落下してきました。

 

 

落ちてくる築地を支えようと、自ら体を張ってクッションとなったそのとき、首を捻挫してしまいました。

 

 

落下した本人(築地)は、けろっと「俺、無傷。」

 

 

中村「ご無事で何よりでした。」ものすごく男前の人だ。

 

 

中村さんは病院に行き、首のコルセット姿も痛々しく全治数日の負傷を負いました。

 

 

 

人の良さをいかんなく発揮しながらも明るい、弊社の新人さんです。

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

欄間照明が記す時の流れ

(2週前) リノベーション・つなぐ コメント(0)

 

“リノベーション・つなぐ”の現場です。様々な箇所で細かい配慮を欠かさい大工の、木工事の終わりが見えてきたようです。

 

 

 

↓リビング

 

IMG_5124 IMG_5121

 

 

 

↓リビングの壁一面にエコカラットを張りました。画像ではただの真っ白いだけにしか見えてませんが、調質機能がある室内用タイルを貼っています。ここで余っちゃったエコカラット(タイル)は

 

IMG_5123 IMG_5134

 

 

 

↓トイレの壁に貼りました。

 

IMG_5138

 

 

 

↓ダイニングキッチン

 

IMG_5141

 

 

 

↓キッチン背面の食器棚は、床のオーク材と色を合わせてお化粧(塗装)しました。

 

 

1592686891364  

 

 

 

↓2Fの各子供部屋にはそれぞれデスクコーナーを設けます。

 

IMG_5132 1592686965464 

 

 

 

↓リノベ前の和室にあった欄間を利用して、照明器具を造りました。

 

 

家が刻んできた時の経過を、ここに記します。

 

1592686973607

 

 

祖父母の世代から、子育て中の孫世代へ、欄間がこれまでとこれからをつなぐバトンとなっています。

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

広縁のある家

(4週前) リノベーション・つなぐ コメント(0)

 

“リノベーション・つなぐ”の現場からです。

 

 

床はオーク材を使いました。いつも築地住建が使っている赤松やヒノキの床の雰囲気とは、少し趣が違うかと思います。

 

 

 

↓オーク板張り作業をするとすぐさま鬼の養生をこれでもかと施し、守りに入りますので、全貌は画像のように厚いベールに包まれています。

 

 

床張り作業した本人の大工でさえ、全貌は見れてません。わくわく心躍らせプレゼントの包装を解くように、養生が剥がされる日が待ち遠しいです。

 

現場はわくわくどころか、傷が付いてやしないかドキドキ緊迫する養生はがしですが・・。

 

 

 

祖父母の代は床の間付きの2間続きだった和室、床板を張り、15.5帖の大きなリビングとするのは孫世代のライフスタイルです。

 

 

 

IMG_5087

 

 

 

 

↓昔ならどこの家にもあった広縁。そのまま残します。

 

 

IMG_5084 IMG_5082

 

 

 

 

夏はリビングに入る直射日光を遮ってくれて、冬は温かなひだまりをつくってくれるのが広縁。

 

障子を開け放つとリビングとつながり更に広がりを見せ、リビングから庭の四季折々の風情が楽しめるという、これぞ日本の家屋でしょうかね。

 

 

 

リノベーションして住み継がれるすまいです。人間より家の方が寿命が長いです。

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

築地住建

資料請求

PAGE TOP