築地住建のブログ『小さな工務店のスタッフのポケット』

アイランドキッチンがやばい?

(4か月前) 大きな縁側と薪ストーブのある平屋 コメント(2)

 

 

P1000097

 

 

森の家“大きな縁側と薪ストーブのある家”です。

 

 

 

IMG_2257

 

 

お施主さまから

 

 

『●●邸が毎日ヤバいことになってます。(●●はお施主さまのお名前)

 

 

今日もヤバかったです!

 

 

どこぞやの別荘に来たのかと思ってしまいました!

アイランドキッチンがめっちゃくちゃ合ってます!!

 

これからキッチン中心の生活になりそうです。』

 

 

 

 

 

次回タイトルに付け足させていただきます、“別荘”を(笑)。ありがとうございます。

 

 

 

昨日に続き、お施主さまコメントブログでした。

 

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(2)

できた!格子天井

(4か月前) 大きな縁側と薪ストーブのある平屋 コメント(0)

 

 

森の家“大きな縁側と薪ストーブのある平屋”は勾配天井のため

 

 

アイランドキッチンの換気扇フードを取り付ける段にきて、築地、悩みました。

 

 

 

 

そしてあるとき、いたずらっ子が、新手のいたずらを企てたときのような顔になりました。

 

 

 

 

その後、作業場でみんなでノミでコツコツと作業が始まり、数日をかけました。

 

 

 

 

 

↓完成したのが、格天井の手法で、材を格子状に組むといういたずら方策。

 

P1000102

 

IMG_2246

 

 

以下は、ご覧になったお施主さまからのコメントを転載させていただきます。

 

 

『キッチンの格子天井に度肝を抜かれました!

 

自分が想像していたよりも100倍凄かったです!

 

立て掛けてあった格子を見た瞬間、

 

「あっ、負けたっ!(●●金属の技術)」←●●はお施主さまの会社名

 

と瞬時に思ってしまいました!

 

LIXILやYKKに●●金属の製品は綺麗だと言われてるのですが、築地住建様で組んだ太い格子はもっと凄く繊細でした。

 

凄く勉学になりました!まじまじと見てしまいました!

 

日本の物造りは本当に繊細ですね。数多くこなすハウスメーカーには分からないと思います。

 

障子の開口枠といい、築地住建様の物造りに対する思い、建築美には本当に心を打たれております。

 

もっともっと多く方に日本の物造りを感じて欲しいと思う瞬間でした!』

 

 

 

 

何がすごいって、お施主さまのコメントの方がすごいのです。参りました。

 

 

お施主さまのコメントを転載だけの、楽ちんブログとさせていただきます。

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

アイアン×木

(4か月前) 大きな縁側と薪ストーブのある平屋 コメント(2)

 

 

森の家“大きな縁側と薪ストーブのある平屋”からです。

 

 

お施主さまの会社は金属会社です。同じものづくり人同士、弊社と、その精神と自慢の技術とこだわりに通じるものがあります。

 

 

このようなお仕事もされていらっしゃるとか。

 

↓住宅のロフトの手摺だったり

 

DSC_0129 

 

 

↓住まいの間仕切り扉

 

IMG_0479 IMG_0480

 

 

 

 

お施主さまのご自宅では採光窓の計画されました。キッチンまで光を届けること、何よりキッチンで作業する奥様は縁側を通して庭が見渡せますので、キッチンが気持ちよい場所になります。

 

アイアンの採光窓で、住まいの生活シーンがバージョンアップです。

 

 

 

↓「採光窓完成しました。これから仕上げの焼付け塗装します。」とご連絡いただいたときの画像

 

DSC_0226 (002)

 

 

↓焼付塗装後、弊社まで搬入してくださり、作業場で木の枠を加工して現場にて設置。奥様喜んでくださったそうです。

 

IMG_2215 IMG_2214

 

 

次はTV台です。

 

↓TV台のフレームができましたよぉ、これから仕上げの焼き付け塗装します、のときの画像

 

DSC_0301

 

 

お施主さま自らデザインされたアイアンと木のTV台になります。〇〇金属×築地住建のコラボ製品です。

 

 

このあと設計図通りに、築地住建が木で、天板と扉を製作します。

 

 

 

アイアンと木のTV台って、これいいですねぇ、うちにも欲しいというご要望ありそう、これ1回にしとくにはもったいない、そうだ商品化しちゃおう!

 

 

製作発表は、住まいが完成したあかつきに開催予定の完成見学会場で、華々しく商品デビュー!

 

 

会場で実物を是非じっくりとご覧になってください。

 

 

発注は〇〇金属様、若しくは築地住建へ。ヾ(–;)ぉぃぉぃ 気が早すぎっ・・。

 

 

 

 

追記

お施主さま、書いてから気付きました。アイアンではなく、スチールが正しいのでしょうか。

社長にどっちだろう?って聞いたら「俺、木のことはわかるんだけど・・。」でした。(>_<)

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(2)

日本の「あかり」計画

(5か月前) 大きな縁側と薪ストーブのある平屋 コメント(2)

 

“大きな縁側と薪ストーブのある平屋”の現場からです。

 

 

↓玄関、軒天井板張りの、ムクのきれいな木目に迎えられ

 

 

2018-05-18 13.43.03

 

 

 

↓室内はもっと驚くほどきれいな、勾配天井の板張りが現れます。

 

頭上ばかり視線が向いてしまい見とれていると、蹴躓きますからここは要注意です。

 

 

工事のプロセスを楽しまれておられるお施主さま、その都度感想等も寄せてくださって「天井の羽目板を見て木に包まれたやわらかい空間に感動いたしました。森の家でした。」

 

IMG_2209 IMG_2210

 

 

↓サンタさんの出入り口、薪ストーブの煙突。

 

IMG_2207

 

 

ここでお施主さま、照明計画の見直しを考えられました。

 

当初より、照明をこうこうと照らすのではなく、薪ストーブの炎を楽しめるような控え目な照明計画でしたが、ここにきて更にパワーアップ。

 

「家全体の照明を、“職人さんが造る技術を照らす・映える照明にしたい。」

 

「和室はあんどんのように、昔の様なロクソクの明かりで照らす様な雰囲気にしたいと考えております。」

 

 

「現地を見ると、造っていただく天井・左官職人の京壁を電球色で照らした方が雰囲気が出るのかなぁと。」などなど。

 

 

お施主さま自ら計画されたのは、間接照明や調光を活用した柔らかい光、部屋をすみずみまで照らすのではなく、昔ながらのぼんぼり、灯明のあかりをイメージする雰囲気づくりです。

 

暗さのなかの明るさ、暗いから明かるさがより認識できる、みたいな、とてもいいことおっしゃってたのですが、

 

 

うろ覚えです。(>_<)

 

 

 

 

 

こだわりが、こちらに響いてきています。

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(2)

築地住建

資料請求

PAGE TOP