築地住建のブログ『小さな工務店のスタッフのポケット』

上棟式/男の背中が語る

(8か月前) 大きな縁側と薪ストーブのある平屋 コメント(2)

 

木の家だぞってことを象徴するかのような、堂々とした丸太の大黒柱と、大きな梁の“縁側と薪ストーブのある平屋”です。

 

 

上棟は大人数で一気に作業を進めるので、たった一日で夕方には家の骨格ができあがり、朝とはまるで違う姿になりました。

 

2018-04-18 16.48.12  2018-04-18 15.36.28

 

 

お日様が西に傾きかけ、作業に区切りがついたころ合いで、幣串が棟の頂に飾り立てて祭壇をしつらえます。

 

2018-04-18 17.02.32 2018-04-18 17.05.19 

 

 

↓上棟式に向けて『地の家半纏(注)』を、お施主さまが羽織られます。

 

「どう?」「うん、いいね、写真におさめときましょうね。」「後ろもね。」

 

2018-04-18 17.56.07 2018-04-18 17.56.01

 

 

↓職人さんたちと一緒に、屋根の上に登っていかれます。

 

 

2018-04-18 17.46.34 2018-04-18 17.47.01

2018-04-18 17.47.05

 

 

↓無事に棟上げが終わったことへの感謝と、滞りのない建物の完成を願い、末長い幸せと繁栄を、神を祀り、祈ります。

 

2018-04-18 17.50.29

 

 

 

↓屋上から、東西南北へ酒・米・塩を散じ清めます。

 

2018-04-18 17.52.15 2018-04-18 17.52.09

 

 

↓お揃いの『地の家半纏(注)』

 

住み手と作り手が、つくる喜びを分かち合い信頼し合う背中。

 

2018-04-18 17.54.00 2018-04-18 17.54.03

 

 

↓締めくくりにお施主さまからご挨拶を頂戴し、セナ(愛犬)も車の窓からちょこんと顔を出して、職人さんにご挨拶。

2018-04-18 18.08.46

 

 

後日、お施主さまから上棟式のご感想をいただきました。

 

「最後、職人さんのご配慮で屋根まで上らさせていただきました。

棟梁と職人さんとの上棟の儀は、最高の気分を味わうことができました。

生涯の思い出です!妻・両親とも本当に喜んでおりました。」

 

 

わたしどももうれしさをかみしめた、建築の大きな節目の1日でした。

 

 

 

注:地の家袢纏とは、地域の住まいは地域の工務店が造り、家がある限り地域の工務店が家守りをしていくことを、全国の工務店がネットワークを組んで啓蒙活動をしています。上棟の儀では、その心構えをお誓いするため、揃いの袢纏でお施主さまとお祝いをします。

 

「地の家」というのは、「地酒」「地鳥」「地魚」みたいな・・。

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(2)

築地住建

資料請求

PAGE TOP