築地住建のブログ『小さな工務店のスタッフのポケット』

お別れ

(10か月前) スタッフの日記 コメント(0)

 

 

↓森島くん本日スーツデビュー。足元から全て新調したてのホヤホヤ。

 

2018-02-24 16.28.15

 

 

 

 

↓が、初スーツが黒いネクタイというのが、なんともいたわしい。

 

2018-02-24 16.29.10

 

 

 

 

 

社長の奥様が病のため入院先の病院でご家族に見守られながら静かに、2月15日午後4時30分、向こう岸へと旅立たれました。

 

 

これから最後のお別れに皆で向かいます。

 

 

 

社長のご家族をずっと陰で支え、私たち社員へもご支援くださいました。

 

 

 

ご遺族さまに、お悔みやあたたかな励ましをありがとうございました。

 

 

 

生前の奥様のご恩に深く感謝いたし、たいへんなときこそのチームTUKIZI、尚一層精進を重ねます。空から見守っていてください。。。

 

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

新しい仲間が増えました

(10か月前) スタッフの日記 コメント(0)

毎年4月に新入社員が入ってきたり、移動があったり、とは全く無縁な環境で、いつも同じ顔ぶれで家族と過ごすよりも長い時間を(笑)、共に仕事しています

 

 

 

が、

 

 

 

 

この度、新しい仕事仲間がまたひとり増えました。

 

 

 

 

以下、ご本人より自己紹介をしていただきます。

 

 

はじめまして藤井健之(ふじいたけし)です。

 

2018-02-19 19.34.56

 

私の仕事のことからお話しいたします。前々職場の建築設計事務所では設計技師として、勤務しておりました。

 

当時は阪神淡路大震災が起こり、全国的に避難場所の確保事業として、耐震診断・耐震補強工事を推進している時期でもあり、設計事務所では県施設・市町村施設の耐震診断・補強工事の診断・調査・設計・現場監理を行っておりました。

 

 

前職場では、管理建築士として勤めており、営業部長として、顧客のニーズに合わせた設備投資への提案・設計・施工監理を実施しておりました。

 

 

この度築地住建さんからお声を頂き、地域に貢献できる職場での活動が必要であり、資格を活かし、スキルアップを図るには環境の整った事業所での活動が必須であると考え、築地住建さんにお世話になることになりました。

 

 

 

【特技等】

中学・高校時代は水泳部(バタフライ)で部長をやらせてもらい、中学で県大会出場、高校では県北大会2位の成績を収めることができました。

 

社会人・学生時代はボランティァ活動を3年間、1年間を通しての小学生対象のスクールに参加しました。

 

物事を様々な角度から考えて、イメージを図化して提案するのが得意です。

 

 

お客さまに寄り添い、これからみなさまの家づくり・リフォーム、家守りのお手伝いをさせていただきますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

 

↓オマケ画像。好きな食べ物はから揚げで、から揚げ食べたときの、あ~美味い、の顏。

 

2018-02-19 19.34.47

 

 

 

筆者が事務所玄関の掃き掃除を、明日やろう、なんて後回しにしていたら、あくる朝出社したときには既にきれいになっていたり、お客様が帰られた後モタモタしていたら、ささっと器を下げて洗ってくれていたりと、藤井さんはご家庭でも良いお父さんだろうことが想像できます。

 

 

 

 

 

 

あっ、玄関掃いとかなきゃだ・・・。

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

祝上棟

(10か月前) IRUMAの家 コメント(0)

 

“IRUMAの家”上棟です。

 

 

雪を見事にするりとかわし、お天気に恵まれました、お日柄の良い1月の日曜日でした。

 

2018-01-28 14.48.59

 

 

↓レッカーで材が空高く舞い上がり、多勢の職人さんたちがあわただしくキビキビと動き回る、上棟の日特有の張り詰めた空気感とダイナミックな光景、その力感みなぎる作業工程にワクワクする特別な日です。

 

 

1Fの柱が建つと、横架材を組みます。

 

2018-01-28 10.38.33 

 

2018-01-28 14.08.07 

 

 

↓大先輩たちに混じり、真新しい釘袋を腰から下げている新人大工の森島君の上棟デビュー。彼の成長っぷりも喜ばしい上棟現場です。

 

2018-01-28 13.28.28 2018-01-28 10.40.25

 

2018-01-28 11.10.40 2018-01-28 11.16.45

 

 

 

 

↓1Fが終わると、2Fの柱を建て組み上げていきます。

 

2018-01-28 11.59.58

 

 

↓小屋組みの組み立て。屋根の一番高い箇所、棟も上り、屋根の形、建物全体の姿が現れます。

 

2018-01-28 14.24.11

 

2018-01-28 14.58.51

 

2018-01-28 15.16.44

 

 

↓本日の作業の区切りが見えてきたころ、そろそろ上棟式の準備。

 

2018-01-28 15.56.20

 

 

↓棟に上棟飾りを取付、祭壇を設置し、儀式はすすみます。

 

2018-01-28 16.16.24

 

 

↓この日がご家族のたいせつな想い出の1ページとなりますように・・。

 

2018-01-28 16.32.43

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

上棟前まで

(10か月前) IRUMAの家 コメント(0)

 

昨年末より着工しておりました“IRUMAの家”、基礎工事から土台敷きまでをダイジェストで。

 

 

↓配筋状況

 

2018-01-08 11.34.58 

2018-01-12 11.33.47

 

 

↓耐圧盤のコンクリート打設

 

2018-01-13 09.44.54

 

 

↓生コンクリートの硬化は温度による影響が大きいので、気温の条件が悪い真冬はこちらの助けを借ります。コンクリートは一旦凍結すると、強度はもう二度と発現しませんので、それが一番怖いところ。気温の変化に弱いのは人間だけではなく、生コンも一緒。

 

2018-01-13 09.46.20

 

 

↓打設後

 

 

2018-01-13 10.08.01

 

↓立上り部のコンクリート打設

 

2018-01-16 10.46.15

 

 

 

↓がらっと様子がかわり。土台敷き、床断熱材を敷き込み。

 

 

ここ、歳の差45才のベテラン大工と新人大工。2人の共通点。シャイで寡黙、時折出るジョーク、笑わしてくれます。

 

2018-01-25 13.21.21

 

 

↓現場は上棟を待つのみの、準備が整いました。

 

2018-01-25 15.55.55

 

 

そうそ、土台敷きの前には、雪かき大作戦!を行ったことを付記しておきます。

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

築地住建

資料請求

PAGE TOP