築地住建のブログ『小さな工務店のスタッフのポケット』

棟梁の目

(5年前) たたみリビングの家 コメント(0)

 

 

たたみリビングの家です。

 

 

↓太陽に反射してまばゆいばかりの、出来立てほやほやの基礎に

 

P1020376

 

 

↓ヒバの土台を敷き込み

 

P1020380

 

 

↓床断熱材を敷き込んだら

 

P1020382

 

 

↓針葉樹合板28㎜を敷いて

 

P1020383

 

 

↓ビニールで養生を。

 

P1020384

 

 

 

築地棟梁は、監督として現場に何度も施工状況のチェックをしに行きます。時に、1日に何度も・・。

 

 

↓現場に到着した築地棟梁、ざっと見渡しただけで1箇所の釘の浮きを発見!

 

P1020386

 

 

このひと、どんな目を持ってんだっ!

 

 

 

ただし、この能力が発揮されるのは現場限定なんです・笑

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

あなたにもできる『日曜大工コーナー』

(5年前) イベント コメント(0)

 

 

カリスマ棟梁に聞いてみよう 『リフォームセミナー』第7回開催のご案内です。

 

 

今回より、新コーナーが加わりました。

 

 

棟梁がこっそり教える、あなたにもできる「プチ日曜大工コーナー」です。

 

 

プロに頼むほどでもない小さな不具合、自分でやってみたいけどやり方がわからいってことを、築地棟梁が実演し、プロのコツなどをお教えします。

 

 

今回は2つです。

 

①敷居スベリの交換の方法 

 

②棚を取付けるときの下地の探し方

 

 

こんなことがささっとできるDIY女子ってすごいです。方法が解ったらおともだちにも教えてあげたくなります。

 

そのあとは通常のお茶を飲みながらの座談会形式で、事例を見ながら皆さんとおしゃべりを楽しみ、住まいに関するお悩み、疑問にお答えしていきますので、解決策のヒントをいっぱいお持ち帰りください。

 

 

大工一筋40年の実績と経験の蓄積を持つカリスマ棟梁の「リフォームセミナー」は

 

日時:4月18日(土)・23日(木) 13:30~16:00

   

会場:築地住建内 木のお部屋 (熊谷市佐谷田3060-4)

 

参加費無料。

 

お飲物・スイーツ付のカフェ形式です。

 

予約制ですので事前のご予約をお願いしております。

 

 

 

ド職人だけど、おちゃめな築地棟梁に会いにきてくださいな♪

 

 

P1010499

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

(5年前) たたみリビングの家 コメント(0)

 

“たたみリビングの家”

 

基礎の耐圧盤のコンクリート打設が終わると、次は立上り部です。2段階に分けて構築していきます。

 

 

P1020360

 

 

 

↓設置した型枠の中には、土台に緊結するためのアンカーボルトが仕込まれています。

 

P1020367

 

 

 

↓生コンが流し込まれます。

 

P1020371 P1020363

 

 

 

↓職人さんが手に持っている、バイブレーターという機械を使って振動を与え、余計な空気を抜いて、まんべんなく突き固めます。

 

P1020364 P1020368

 

 

コンクリートが硬化するまで、十分な養生期間をおきます。

 

 

始めはこんなにドロドロしてる液状のものが、強くたくましく変化を遂げます。

 

 

水とセメントの化学反応で固くなって、要求される強度がちゃん出てくるのだから、なんてオモロイ材料なんだと、あなたの魅力にいつも感心させられます。

 

 

 

これよりグレーゾーンを脱出して、木材と大工が登場してきます。

 

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

グッバイ鉄筋

(5年前) たたみリビングの家 コメント(0)

 

 

↓『たたみリビングの家』の配筋が終わったら、住宅瑕疵担保責任保険制度の配筋検査です。

 

P1020329

 

 

↓コーナー部では、強化された配筋状況、重要!

 

P1020340

 

 

↓ スリーブと呼ばれている筒を取付けて、基礎中に配管のための空洞を設けます。

 

P1020342

 

 

↓検査の結果問題ないので、コンクリートを流し込み(打ち込み)ます。

 

短い間でしたがここで美しく組まれた鉄筋たちとは、さよならです。

 

P1020362 P1020349

P1020345

 

 

 

↓本日の現場監督さん=お施主さんのお父さん

 

P1020352 P1020353

 

 

 

本日の作業、トンボやコテで表面を均していく職人技に、監督さんから『たいへんよくできました』をもらいました。!(^^)!

 

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

鎮物を埋納

(5年前) たたみリビングの家 コメント(0)

 

『たたみリビングの家』です。

 

基礎工事が始まると、ブログはしばらくグレーゾーンに入ります。画像がグレーばっかりってことで・・。

 

 

 

↓砕石の転圧を行ったあと

 

 P1020300

 

 

↓地鎮祭のときに神主さんからお預かりした、ありがた~い“鎮物”を基礎下に埋納します。

 

人は自然の力の前ではなんとも無力なので、神を敬って、災禍のない末永い幸せを願う気持ちのならわしです。

 

張られた防水シートの上から、その姿が見えます。

 

P1020304

 

 

↓鉄筋を配筋していきますが、最初にスペーサーと呼ばれるコンクリート製の、小さな四角いブロックを配置しています。

 

P1020305

 

スペーサーのおしごとは、コンクリートの厚さを一定に確保する役割をしています。

 

 

↓底盤の鉄筋を組んでいます。

 

P1020310

 

 

えもいわれぬ巨大餅焼き網シーンです。

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

省エネ住宅エコポイントで30万PをGET!

(5年前) たたみリビングの家 コメント(0)

 

 

「省エネ住宅エコポイント」の申請が3月10日からスターとしています。

 

『たたみリビンの家』はその対象となる仕様で計画をして、省エネ住宅エコポイント対象住宅として認定されました。

 

 

 

エコ新築住宅は、一律30万ポインが付与されます。

 

1ポイント1円で換算されるので、30万ポイントは30万円です。

 

 

 

期間は予算が終了するまでで、遅くとも27年11月30日で締め切りとなっていて、

 

予算額に達すると、早い時期に終了してしまう可能性もあるのとのこと。

 

 

 

こりゃ早いもん勝ちやでっ!ってことで

 

まだ完成していなくても、工事完了前で申請できるので、早速申請して30万ポイント獲得してきました。O(≧∇≦)O イエイ!!

 

これでほっと安心です。

 

 

 

前回、前々回の住宅エコポイント制度、リフォーム工事でも築地住建はたくさんのお客様の申請をしました。

 

リフォーム希望のタイミングの合う方は、是非ご相談ください。

 

 

【対象となるエコリフォーム工事】

①窓の断熱改修

②外壁・屋根・床の断熱改修

③エコ設備の改修工事(次のうちの3種類以上):太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯機、節湯水栓

④上記の①~③と併せて行う以下の工事
  ・バリアフリー改修:手すりの設置、段差解消、廊下幅等の拡張
  ・エコ住宅設備の設置(③で2種類以下の場合)
  ・リフォーム瑕疵保険の加入
  ・耐震改修工事

 

89_9

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

桑原パパがやってきた

(5年前) たたみリビングの家 コメント(0)

 

 

↓2台の放射線量測定器を持って事務所に来てくれたのは、桑原パパです。

 

 

IMG_5105  IMG_5099

 

 

 

これから『たたみリビングの家』の材料を、桑原パパに線量計で放射能を計測してもらいます。

 

これは空気中のガンマー線を計測する機器で、単位はマイクロシーベルト、だそうです。

 

 

IMG_5099

 

 

 

 

ここで手始めにと、桑原パパによるパフォーマンス。

 

↓南相馬市から採取してきたというビニル袋をプラスチックケースに入れたものを桑原パパが計測器の先を当ててみると、けたたましく電子音が鳴り続け、放射能の強さがうかがえます。

 

 

IMG_5111

 

 

↓針が一気にぐ~んと高い数値を指し示します。

 

IMG_5114

 

 

↓事務所内での針の位置はここでした。

 

IMG_5102

 

そしてこんな一言を付け加えました。「ここに今も人が住んでいるんですよ。」と。

 

 

 

↓まず、作業場内に搬入してある、玄関とバルコニーの下に張る予定の杉の軒天板を計測してもらいます。

 

正しく測定するには、最初に空気中の放射能を測ってからだよって。

 

IMG_5121

 

 

 

↓そして杉板の測定にかかりました。

 

計測器は時折、ピッ、ピッと電子音を鳴らしています。

 

 

IMG_5124 IMG_5129

 

 

 

↓次に一同、プレカット工場へ移動します。

 

 

IMG_5147

 

 

 

 

工場内には上棟のための材木が入っています。プレカットする前の段階です。

 

お施主さんのご希望で、材木は西日本産のを使いたいとのことでしたので、構造材たちは四国からやってきました。

 

お施主さんと一緒に計測していきます。

 

 

IMG_5146 IMG_5144

 

IMG_5139 IMG_5136

 

IMG_5148

 

 

結果はいずれも安心していただける数値で、0.034くらいだったでしょうか、あれ?違ってたら当日の関係者さん、ご指摘くださいな。

 

 

 

 

桑原パパに、放射能のことを解りやすく説明していただき、たくさんお勉強することができました。

 

 

今日もパパはきっとどこかで、線量計を使っているのでしょうか。

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

1日で下地姿

(5年前) 浴室リフォーム コメント(0)

 

 

「さっ、やるかぁ~。」と、気合とともに各自道具を手にして解体作業に入るその直前

 

 

↓「あっ、そうそう、ちょっと待った」と、beforeをカメラに収めることを忘れずにいれた、貴重な画像。いつも忘れる。。。

 

浴室のリフォームです。解体作業は繊細に丁寧に。

 

 

P1020313 P1020314

 

 

 

↓壁、天井・床のタイルハガシ、浴槽の撤去と進んで1日フルの解体作業が終了すると、ガラ袋60袋分にもなったガラを持ち帰ります。

 

 

長年慣れ親しんだお風呂は、たった1日であられもない下地姿に・・。下着じゃないですよ。

 

 

P1020322

 

 

 

次回は、ユニットバス設置編へと続きます。

 

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

あきちゃん、梯子に乗ってる・・

(5年前) お仕事仲間さんたち , たたみリビングの家 コメント(0)

 

『たたみリビングの家』、水盛遣り方工事が終わって、基礎工事に突入します。

 

 

P1020291

 

 

↓基礎工事のときは地面に一番近いところでお仕事しますが、上棟の際には、建物の一番高いことろを縦横無尽に走り回ってお仕事するこの人、“あきちゃん”って皆が読んでます。

 

P1020294

 

 

↓あきちゃん、今年の1月7日はここにいました。

 

20150316184441_00001

 

 

出初式の一場面です。

 

一番高いところで技を披露しています。

 

熊谷市役所前で、熊谷鳶組合の梯子のりです。

 

 

 

梯子のりに負けないくらい、現場に職人さんたちの華があるのが、上棟のシーンです。

 

職人さんたちの掛け声、かけやで材木を叩く高い音、クレーンの動き、高いところをキビキビした動作でどんどんと部材を組み上げていく、たった1日だけの見応えある舞台は、それは感動ものです。

 

今は上棟に向けて地道に確実に、基礎段階です。

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

盤石の備え

(5年前) たたみリビングの家 コメント(0)

 

 

↓『HySPEED』の文字を掲げて重機がやってきたのは、「たたみリビングの家」です。

 

P1020256

 

 

 

地盤調査の結果、一部に支持力が不足していたので、補強工事が始まります。

 

 

地盤補強の方法にはいくつかあって、工法が違うと費用も違ってきます。

 

お施主さんが選ばれたのは、家族の健康と環境に配慮され、天然の砕石だけを使う“HySPEED工法”です。

 

 

 

↓重機に取り付けたドリルが掘り掘りして

 

P1020275 P1020260

 

P1020270 

 

 

↓深さ1.5m直径40㎝の穴を空けました。

 

P1020259

 

 

↓その穴に砕石をどんどこ詰め込んで、同時に転圧をかけます。

 

P1020262 P1020265

 

 

↓施工はコンピューターによる管理がなされています。

 

P1020267

 

 

↓そして地面の中では、砕石による石の柱が形成され、全部で23本の石柱が住まいを支えることになります。

 

P1020274

 

 

↓その二日後、支持力が確保できているか、強度試験を行って完了です。

 

P1020282 

P1020286 P1020283

 

 

 

砕石を使っただけに、正に“盤石の備え”、でした。

 

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

築地住建

資料請求

PAGE TOP