築地住建のブログ『小さな工務店のスタッフのポケット』

漆喰・京壁の下地塗り

(11年前) 新築 , ~上尾~ムクとしっくいで造った自然素材の家 コメント(0)

キッチン脇の食品庫の内装は、床、壁、天井、棚板全て桐材です。

img_4632

↓2F和室の京壁の下地塗りが終わりました。左の窓は吹き抜けに面していて障子が入り、開けると階下のリビングと空間でつながります。

img_4624

↓1階のリビングや玄関の漆喰塗り壁の下地塗りも終わっています。右に見える小窓は玄閑入った正面に位置し、建具(障子)を通して室内に柔らかな光が注がれます。調湿効果がある漆喰は日本の気候風土に適した塗り壁です。むか~しから日本の家は「木」と「土」と「紙」で出来ていたのは、日本の気候が生んだものです。

img_4628

階段室は赤松の帯が廻っている下部が漆喰塗り、上部は珪藻土クロス張りですので、壁の違素材の表情も楽しめるところです。

img_4625

明日からは内装やさん(珪藻土クロス張り施工)が入るようです。

↓撮った画像の日が前後しているのですが、1F和室を仕上げている関根さん。もう少しで和室仕上がるそうです。次はウッドデッキ製作です。

[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=4mADtiKwY94]


  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

築地住建

資料請求

PAGE TOP