築地住建のブログ『小さな工務店のスタッフのポケット』

技術がウリ

(11年前) 新築 , ~上尾~ムクとしっくいで造った自然素材の家 コメント(0)

玄関正面の飾り棚(赤松)2ケ設置完了

img_4591

洗面所設置脇の袖壁完了

img_4590

1階和室の絞り丸太の床柱に落し掛けはヒノキの丸太

img_4588 ここまでの撮影/社長

1階和室を仕上げている関根さん。

昨年秋、カンナ削り全国大会「削ろう会」に初出場して、高記録を残したのがこの腕です。

img_4566

少し顔が笑っているのは、たぶん私がカメラに収めようとあわててすっとんで行ったから。

img_4569

関根さんは渡邉さんのことを「たくさん経験を積んで、なんでもできるのでさすがだと思います。」渡部さんは関根さんのことを「若くて仕事に意欲を燃やしているを感じる。」とお互いを認めあっている様子。

大工さんの昔ながらのイメージはこうやって、カンナやノミやさしがねを使っているシーンの現場の働きぶりが好きです。大工の技をどんどん見せつけることができる、造る喜びのあるムク材の家です。

職人社長は昨日も仕上がりに厳しいダメだししていました。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

完成見学会のご案内

(11年前) スタッフの日記 コメント(0)

「上尾の天然木の家」完成見学会の日時が決まりました。

5月30日(土)10時~18時・31日(日)10時~17時です。

詳細案内図あります(これから作ります)ので、どうぞお問い合わせくださいませ。

【見どころ】

構造材はもちろんですが、建具や家具に至るまで、ほとんどムク材を使っています。リビングの吹き抜けなど空間を活かした演出や細部までも入念な施工技術の高さ。冬の寒さと夏の暑さに真価を発揮してくれる高性能の断熱材。

実際にこれから暮されるお宅ですので、ご家族様のご要望をたくさん取り入れた暮らしやすいお住まいです。

OB施主K様はこんな風におっしゃいます。「モデルハウスや見学会などいろいろ行ってみました。木の家とか自然素材の家とかはたくさんあり、雑誌などでよいなと思って行ったりもしましたが、実際に自分の目で見て確かめるのが一番大切です。」

a034

赤松の床や寝室の桐の床の肌触りの心地よさを体感してくださいね。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

ウッドデッキのコンクリ打ち

(11年前) 新築 , ~上尾~ムクとしっくいで造った自然素材の家 コメント(0)

リビングと和室から出られるウッドデッキ下のコンクリートが打ち終わりました。丹清込めた花々や庭の四季折々の自然を感じることができる室内の延長として使える場所になりそうです。

img_4573

こちらのお宅にあるもう1ヶ所、四方の壁がない外だけど、室内の延長のように便利に使える勝手口廻りです。(画像はまだ足場が取れていないときのものです)

img_4127

1階の洗面台設置場所の袖壁を施工中です。30日にはキッチンが入るようです。

img_4571

今日皆が現場から戻ったときのお茶菓子は、東上建設さんが、このたび夢ハウスのビジネスパートナーに加盟されたということで、ご挨拶に見えたときいただいたおせんべい。東松山だからやきとり味なのね。皆が仕事の話しをしているとき、時折私は外国に居るようで、彼らの話す外国語がさっぱりわかりません。

img_4575

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

あれあれ

(11年前) 新築 , ~上尾~ムクとしっくいで造った自然素材の家 コメント(0)

構造材はもちろん内装材や建具もムク材ですが、家具類も内装材と同じ素材のムク材で、全体が調和がとれるように組み合わせることができるのが夢ハウスです。

キッチンの反対側に設置された床材と同じ素材の赤松の食器棚フロアキャビネットです。工事中は養生というベールに覆われて見えませんが、

img_4486

↓新商品の引出し式です。システムキッチンと同じ横のラインで統一感が出ます。

dsc00028

2階に設置したタモの洗面化粧台も

img_4508

もうすぐそこに近づく、ベールを脱ぐ晴れのときにはこんな風に。↓

img_2884

「やってもうた。」とにがり顔の社長。奥様にキッチンにゴミ箱を置くスペースが欲しいと言われていたのをうっかりして、天板切断しちゃってから奥様にご指摘受けたまわったそうな。あれあれ・・・^^; 天板新たに仕入れて、ゴミ箱設置場所を踏まえ食器キャビネット配置するそうです。

こういうこともありますので工事中のお客様は疑問に思われることがありましたら、なんでも聞いてみましょう!遠慮は無用です。


力を貸してもらっている弊社HP製作者さんから、こんなレクチャー受けてます。そのほんのひとつにこんなことが「失敗してしまったこと、マイナスの要素も正直に書くこと。それがアピールになる。」と。

なので「ブログときどきチェックしないと、ひどいこと書かれてるからなあ(笑)」と言っている社長許してください。(^_-)-☆

今後はこのブログも、皆で違う立場や視線から書いて、読んでくださる方にメッセージを送れたらいいなと思っています。そんときは好き放題書いる私は報復を受けそうですね(笑)。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

飾り棚いろいろ

(11年前) 新築 , ~上尾~ムクとしっくいで造った自然素材の家 コメント(0)

上尾です。

img_4497

室内のアクセントポイントの飾り棚です。リビングの壁でしょう↓

img_4521

階段の壁でしょう↓

img_4522

寝室でしょう↓(こちらは床・天井・腰壁と同じ素材であしらった桐です)

img_4527

↓もひとつ寝室

img_42831

最後に玄関 赤松で2個完成↓

img_45101

取付位置はこんな感じかな?↓

img_4560

生活空間にあたたかさと彩りが演出される飾り棚、お引越し後にはご家族で何を添えられるのでしょうか。お花だったり、旅の思い出だったり・・・♪

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

上尾は現場でのお打合せ

(11年前) 新築 , ~上尾~ムクとしっくいで造った自然素材の家 コメント(0)

上尾の工事中現場では施主様とお打合せ。

img_4501

キッチンパネルを決めたり、外構工事のお打ち合わせはリビングの窓からちょっと腰を落としての視線なども確認。

img_4561

↓2階吹抜け、社長デザインの手すりは、珪藻土クロス張りを施工するときの足場の関係から最後にはめ込まれるので、このように仕上がりますと、社長がご説明中。

img_4549

施主様ご夫妻はこのとき、デザインや細工をご覧になって声を上げて喜んでくださっていました。

他にも、細部の施工の気配りに感心され、内心とっても気をよくしている社長です。

img_4531

手すりが付くと、いい眺めの吹き抜けになりそうです。

↓階段に回した帯のここのところは、渡邉さんが手間かけて施工していたという箇所です。

img_4550

現場に行くとあっと驚かされることばかりです。

みんなの仕事ってすごい!

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

築地語録

(11年前) スタッフの日記 コメント(2)

語録というか、つぶやきというか・・・のひとつです。(シリーズ化しようかな)

「数千万円の仕事も数万円の仕事も、何も違うことなく同じ仕事だ。」

img_4406

社長が午前中行方不明になりました。「至急連絡とりたいが、社長の携帯がつながらない。」という電話や、他にも電話があるのですが、社長の携帯は依然通じない。部長も心当たりがないそうな。この不況です、(この不況というのは間違いで弊社は万年不況でした)バックれた?

お昼頃発見されました。すぐ近くの病院で人間ドックでした。そういえば聞いてました私。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(2)

とある日の会話 Ⅱ

(11年前) スタッフの日記 コメント(2)

材木店のまだ若い営業さんは言います。

「奈良方面に視察に行ってきたのですが、とてもよい銘木がたくさんありましたよ。こちらがその写真です。どうですか?」

社長は言います。

「うん、いい銘木だね。

でも俺は銘木は使わない。住んでいる人は長い間には必ず飽きがくるからね。」

img_4408

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(2)

そこには暮らしがあるから

(11年前) 新築 , ~上尾~ムクとしっくいで造った自然素材の家 コメント(0)

現場では、どこに何を収納されるのか、またはどこで何をされるのかなどで、棚の位置やそこに扉を付けたり付けなかったり、施主様のご要望をご相談しながらすすめられていきます。

ほんのちょっとした寸法や位置的なことではあるかもしれないけれど、それは日常生活していくうえでは重要。

↓2F和室お母様の部屋の収納内には、お帽子収納棚。

img_4477

↓階段室に赤松の帯が廻りました。高い壁は間延びしますので、空間を引き締めるために板張りをします。

img_4478

↓階段の登り口の壁には2ヶ所の飾り棚。

img_4480

↓下水道の配管設備工事です。結構掘ってます。

img_4481


花粉症でもないのに先日のセミナーの日の朝、いきなりマスクをして現れた社長でしたが、マスクはもうしていません。仮歯?が入ったようで皆に口をニッとして見せてます。そんなの見せられても・・・皆「あ~よかったですね。」とか言うしかありません。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

とある日の会話

(11年前) スタッフの日記 コメント(0)

材木店のまだ若い営業さんは言います。

「ウッドデッキ、予算のないところには、下は2×4の安い材料使って、上にいいものを皆、使ってますよ。」

社長は言います。

「それは違う。

上にいくら良いものを使っても、下が腐ってしまっては何もならない。下さえしっかりしていれば上は張替えればよいが、下がダメになってしまっては、そのとき取り替えるのには大きな費用がかかってしまう。下にこそ良いものを使わなければいけないんだ。」

img_4416

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
  • にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
  • コメント(0)

築地住建

資料請求

PAGE TOP